不妊症のお悩みおまかせください!新海薬局の漢方子宝相談

★山梨県甲府市の漢方薬局★漢方ご相談実績の多い新海薬局★

*

夏の皮膚トラブル

      2013/11/06

            

私たちの薬局は甲府市にあります。甲府が盆地なのはご存知でしょう。
盆地では暑さsun.gifや湿気sweat02.gifがこもってしまい、夏はとても過ごしにくいです。
湿気が多いため、汗をかいてもさらっとしていず、肌がべとついて気持ち悪いです。p2_ase1.gif

また、最近の熱帯夜つづき。家では暑くてもクーラーを付けずにいます。
クーラーを付けて寝るとsreep_dog.gif、のどが痛くなったり、体がだるくなったりするからなのですが、汗かきの子どもたちは早速「あせも」だらけになってしまいましたsad.gif

 夏の暑さや湿気は、皮膚の炎症、あせも、湿疹などの皮膚トラブルを引き起こす原因になります。

夏、新陳代謝の激しい「赤ちゃん」や「子供」にあせもや湿疹がでやすいのはよく聞くかと思います。そのほか、アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患も、この時期に症状が悪化しやすくなります。

 kaeru01.gif こんな症状はありませんか?

   皮膚の炎症、ジュクジュクとした皮膚炎、皮膚のかゆみ
   不眠気味、舌が紅い、舌の苔が厚い など

 neko03.gif 原因

暑いとついつい冷たいものが欲しくなりますが、冷たいものの飲みすぎはよくありません。
体に余分な水分を溜めてしまうことになります。加えて、
湿気が多いと、体の外に出ていく水分も少なくなり、一層余分な水分が溜まってしまうことになります。

余分な水分は体に悪い「湿(余分な水分+汚れ)」となってしまいます。

「湿」が体に溜まると、皮膚にも影響して、皮膚はジュクジュクと悪化した状態になってしまいます。

 hamu01.gif どうしたらよいの?

  体の悪い「熱」(炎症・ほてりなど)を取り除き、「湿」も取り除くこと。
  また、汗をかいて、皮膚の代謝を高めることも大切です。
  水分の摂りすぎは控え、適度な発汗を心がけて、皮膚のつらい症状を和らげましょうheart04.gif

carrot02.gif お薦め食材

     ・・・「熱」を冷まし、「湿」を取り除く食材・・・

   はと麦、緑豆、春雨、ビーフン、びわ、スイカ、キュウリ、どくだみ茶など

 clover.gif お薦め漢方

   清営顆粒、温肝湯、瀉火利湿顆粒、天津感冒片、五行草 など
 denki.gif漢方薬は症状や体質によって合うものが違いますので、漢方の専門家に
       
相談してからのんでください。 

kaeru06.gif日常生活での工夫

hana08.gif 肌に優しいコットンの素材の服を選びましょう
   
(吸湿性や速乾性に優れた素材もOK)

hana08.gif 適度に汗をかいて、皮膚が呼吸出来るように。新陳代謝もアップします

hana08.gif 汗をかいたらこまめにシャワーを。皮膚をなるべく清潔に保ちましょう

hana08.gif 激辛料理は皮膚の症状を悪化させることもあります。食べすぎは控えましょう

前へ 
 次へ

 - お肌のトラブル, 季節の漢方