不妊症のお悩みおまかせください!新海薬局の漢方子宝相談

★山梨県甲府市の漢方薬局★漢方ご相談実績の多い新海薬局★

*

乾癬1

      2016/10/08

            

治りにくい皮膚疾患の一つに乾癬があります。

 乾癬とは?

乾癬は表皮の細胞増殖と角化異常を特徴とする慢性の皮膚病です。

通常、皮膚は2週間〜4週間で細胞が生まれ変わるように出来ています。
でも乾癬の皮膚細胞は、健康な皮膚と比べて10倍以上の速度で生まれ変わり、どんどん増えていきます。
過剰に生産された表皮の細胞は厚く積み上がり、鱗屑(りんせつ・銀白色のフケのようなもの )となってはがれ落ちていきます。

また、炎症を起こす細胞が集まっているため、毛細血管が拡張し、皮膚が赤くなります。

日本には10万人以上の患者がいると言われ、男女比は2:1で男性の方が多いです。

 乾癬は感染するの?

乾癬も感染もどちらも「かんせん」と読むため、「乾癬はうつる」と勘違いされやすいですが、乾癬は感染しません。
ウイルスやカビなどの微生物は関係無い病気なので、うつる事はありません。

 乾癬は症状によって次の5つに分類されます。

1.尋常性乾癬:全体の9割を占めます
2.滴状類乾癬(てきじょうるいかんせん)
3.膿疱性乾癬(のうほうせいかんせん)
4.乾癬性紅皮症(かんせんせいのうひしょう)
5.関節症性乾癬

 乾癬の原因は?

「乾癬がなぜ起こるのか」
「どうして乾癬では皮膚の一部だけが異常増殖するのか」
などの「原因」は西洋医学的にまだ解明されていません。
ただし、次のようなものが関連するのではと考えられています。

1.遺伝:
家族に乾癬の人がいると発症しやすいと言われます。
ただ、なりやすい遺伝子を持っているというだけで、すべての人が発症する訳ではありません。
日本人の場合、乾癬の親を持つ子が発症する確率は4~5%程度です。

2.環境要因:
○ ストレス
○ 食生活(食生活の欧米化)
○ 不規則な生活習慣、タバコ、アルコール、
○ 気候(特に冬に悪化)
○ 紫外線不足
○ 乾燥
○ 薬剤 など

3.免疫異常
免疫は本来身体を守るためのものですが、免疫機能の異常により、乾癬を発症するとも言われています。

 西洋医学での治療

1.塗り薬
● ステロイド : 炎症を抑えるために使います
● ビタミンD3外用薬 : 皮膚の増殖を抑えます

2.紫外線照射
紫外線には「免疫の働きを弱める作用」があります。
乾癬治療では、皮膚の細胞増殖や炎症を抑制する作用をもつUVA(長波長紫外線)、UVB(中波長紫外線)が用いられます。

3.内服薬
● ビタミンA誘導体(レチノイド) : 表皮細胞の異常な増殖を抑えます
● 免疫抑制剤 : メトトレキサート、シクロスポリンが用いられます

4.生物学的製剤
「生物学的製剤」とは最先端のバイオテクノロジー技術によって作られた医薬品の事です。
副作用があったり、薬が高価だったりするので、1~3の方法でもダメだったときの最終選択とされています。

こうやって見てきて、難しい皮膚疾患だと思われた方がほとんどなのでは?
でも、漢方で改善している方も多いです。
そこで、次回は漢方の観点から乾癬を見ていきます。

前へ 
 次へ

 - お肌のトラブル