不妊症のお悩みおまかせください!新海薬局の漢方子宝相談

★山梨県甲府市の漢方薬局★漢方ご相談実績の多い新海薬局★

*

不妊症 ~生理痛がひどい

      2013/11/06

            

今回は生理痛がひどい方の例をご紹介しましょう。

  年齢20代後半。
  20歳頃からひどい生理痛があったとのこと。
  1日目の生理痛が特にひどく、毎回痛み止めを服用。
  月経周期は32~35日と長め。
  月経血は鮮やかで淡い赤色。レバー状の塊が混じることがある。
  手足が冷える。胃が弱い。
  舌の先が赤い。

 とのことでした。

前回の方と少し似ていますね。
でも詳しく聞いてみると、体質が違っていました。
前回の方は
「腎虚」。生命エネルギーが不足している状態でした。
今回の方は
「瘀血(おけつ)」。血のめぐりが悪い状態です。

mama.gif同じ生理痛、冷え性といっても、人によって対処法が異なるのが漢方の大きな特徴です。
   同じような症状でも、原因やその人の体質等は違います。
   漢方では原因をつきとめ、体質や体の状態に合わせて対処していきます。

club.gif 「瘀血」とは?

   血の巡りが滞っている状態です。
kaeru01.gif良い状態では、さらさらな健康的な血がスムーズに身体中を巡り、全身に栄養と潤いを届けます。そしていらなくなった老廃物も血液が運んで行ってくれます。
kaeru02.gif流れが滞った瘀血の状態では、体の老廃物が血液の中に留まる時間が長くなり、そのせいで痛みも現れてきます。生理痛もその一つです。
老廃物がたまったドロドロ血。健康に悪いのはお分かりかと思います。

老廃物が溜まりやすいのでにきびが出やすくなる人もいたり、良い血が流れないので、顔色が悪かったり、肌が荒れていたりと、お肌にも現われてきます。

b-orooro.gif 瘀血の場合こんな症状も

   頭痛、肩こり、腰痛、疲労、高血圧、高コレステロール、動悸、息切れ、糖尿病 等々

girl17.gif女性の場合、瘀血を放っておくと卵巣機能の低下につながることもbikkuri01.gif

毎月の生理は女性にとって「排泄」の一つです。
月経血を完全に体の外に排泄する
p_right.gif子宮の中の掃除完了good.gif 子宮はきれいにwebclap.gif

ところが「瘀血」があると、月経血がスムーズに排泄されず、新しい子宮内膜の成長が阻害されることに。
また、「瘀血」の影響が卵巣に及ぶと、卵がきちんと育たず、排卵もうまくいかなくなってきます。
そして、排卵がうまくいかず、生理不順に。さらには不妊につながることもあるのです。

p2_hate.gif瘀血になる原因は?

原因は様々ですが、一番多いのが、ストレス冷えです。
冷えると、血管が収縮し、血が流れにくくなり、瘀血の状態を作り出してしまいます。
ストレスがたまると、気分が落ち込みます。やる気もなくなり動くのも億劫になってきませんか? 内臓もストレスで働きが悪くなります。ストレスで肝臓がやられたり胃潰瘍になったと言う話を聞きますよね。
同様に、気力が衰えると血の流れも悪くなってしまうのです。

hiyoko05.gif瘀血を改善して妊娠しやすい体に。

○ まず、冷やさないことが大切。
  特に、お腹や腰の冷えは禁物です。
  夏暑いからといって薄着でいたり、クーラーの中に長時間いるのも冷えの原因に。

○ 食事も大切です。
  冷たい飲み物を避けるのはもちろんのこと、生野菜も体を冷やすので注意しましょう。
  加熱調理したものを中心に。
  
カボチャ、ニラ、鶏肉、黒砂糖など、体を温めてくれる食材を多めにとりましょう。
○ 運動も大切。ウォーキングなどして、適度に体を動かしましょう。
○ シャワーだけでなく、お風呂で温まるようにしましょう。
○ 夜更かしもダメ。早寝、早起きを心がけましょう。

leaf_a.gif この方の場合 leaf_a.gif

血を増やすと同時に、体を温め、血を巡らせる漢方薬、
血流を良くする漢方薬、
ストレスなどにもよく、気の巡りを良くする漢方薬、
を飲んでもらいました。

しばらくして・・・

「夜更かしもやめて、漢方の服用を続けたら、まず肌の調子がよくなりました。
生理痛も軽くなり、痛み止めを飲まなくていられるようになりました
happy01.gif

とうれしいお声を頂きましたheart04.gif

mama.gif漢方では生理痛はないのが当たり前。
生理痛を軽く考えて、痛い時には鎮痛剤で対処するだけでは、いつまでたっても改善せず、かえってそれ以外の症状を引き起こしてしまうかも。生理痛にもいろいろ原因はありますので、しっかり原因を突き止めて対処することが大切です。
また、10代のころ、薄着でいたり、冷たいものをたくさんとったりして体を冷やした影響が妊娠適齢期に出てきている方が多いです。若いうちから普段の生活に気をつけることが将来のため、ということを忘れずに。

前へ 
 次へ

 - 不妊でお悩みの方へ