不妊症のお悩みおまかせください!新海薬局の漢方子宝相談

★山梨県甲府市の漢方薬局★漢方ご相談実績の多い新海薬局★

*

今からでも遅くない?…30代後半からの妊娠 ~ その2

      2013/11/06

            

女性の体 … 排卵について 

自分の身体をよく知っていますか?
「昔、学校の保健体育の授業で習っただけで、うろ覚えだな」という方も多いのでは?
妊娠を望んでいる方でも、「ドクターに見てもらっているから」と安心して、自分の身体についてそれ程解っていない場合も結構多いようです。

そこで、簡単に女性の体と妊娠のしくみについて触れてみます。

aicon339.gifまず、子宮と卵巣の位置。

子宮はおへそより下にあります。小さいので触ってみても分かりにくいかもしれません。(妊娠すると子宮が大きくなってくるので、「妊娠して初めて子宮がどれかわかった」という人もいます)
卵巣は、子宮との上部左右に2つあり、骨盤の側壁にくっついています。

bye03.gif下の絵を参考にしてください。

 

卵胞の数

 club.gif 排卵

この図からも解るように、卵巣から卵子が出てくるのが排卵です。
でも、出てくるまでが大変なんですよ。
b-orooro.gif

 

卵巣の中には未熟な卵子を包み込んだ原始卵胞がたくさん入っています。
これは、生まれる前、母親の胎内にいたときに作られたものです。その数約700万個sign01.gif

この時以降、原始卵胞は新たに作られることなく、減っていく一方ですkaeru02.gif

胎児期に作られた原始卵胞の多くは自然に消滅していき、出生時には100万から200万、思春期を迎え、大人の身体になったころには、10万~30万個と減ってしまいます。

「10万もあれば大丈夫ではないか?」と思いますよね。
でも、原始卵胞から卵子が生まれるまでがまた大変なのです。bye02.gif

 思春期になり、女性の身体が十分に成熟すると、ホルモンが出され「卵を育てろ」という指令が伝えられます。
すると、原始卵胞のうち、目覚めの準備の出来ていた、数個から数十個の卵胞が成長を始めます。月経周期5日目ころには、その時点で最も大きな卵胞が主役の座を射止めます。
その主席卵胞1個だけsign01.gifが、さらに成長し、排卵を迎えるのです。

主席卵胞が十分育つと、脳は排卵命令を出し、黄体ホルモン(LH)を一時的に大放出します。
黄体ホルモンは「卵子を排卵して、そのあとは妊娠を後押しするための黄体に変われ」と指示するホルモンです。
主席卵胞は黄体ホルモンのな大波を受け、
最後の成熟に入り、約36時間後、卵胞から卵子が排卵shine.gifされます。

その一方、卵巣内に成長しきれずに残った小さな卵胞たちは、そのまま消えていく運命にありますp2_uun.gif

 排卵は約1ヶ月に1回だけ。厳しい競争を勝ち抜いてきた1つだけが卵子となって排卵されるのです。

前へ 
 次へ

 - 不妊でお悩みの方へ