不妊症のお悩みおまかせください!新海薬局の漢方子宝相談

★山梨県甲府市の漢方薬局★漢方ご相談実績の多い新海薬局★

*

漢方で男性不妊を考える

      2013/11/06

            

不妊治療というと、女性ばかりが受けているようなイメージがありませんか?

確かに、「卵子の老化」が起こるため、女性にはリミットがあり、必死になるのも女性が多いです。
ですが、不妊の原因は女性だけではありません。男性不妊も女性不妊と同じくらい多いのです。

赤ちゃんが欲しければ、男女ともにしっかりと健康管理をしていくことが大切です。

そこで、今回は男性不妊にも注目してみます。

 

kaeru04.gif 漢方で男性不妊を考える

男性の場合、女性のように生理があるわけでもなく、女性に比べると自分の体調の変化に気づきにくいです。
「自分は大丈夫
run.gif」と思っていても、知らず知らずのうちに生殖機能が低下している場合もあります。
sk_gan.gif
特に、忙しい生活を送っている人、不摂生な生活を送っている人は要注意。
まずは、男性も不妊検査を受けてみましょう
bye03.gif
検査で異常がなかった場合でも、決して安心しないように。
日々の不摂生が、性欲や精子の運動率・数に影響を与え、一時的に不妊の状態になっているかもしれません。
bikkuri01.gif
男性不妊の場合、無精子症などの問題を抱える人以外は、生活改善や漢方薬の服用でかなりの改善が見られます
confident.gif
まずは自分の生活をもう一度見直してみましょheart04.gif

club.gif 疲れ

danger.gif こんな人は要注意

□ ストレスが多く、多忙な生活を送っている
□ 疲れてイライラする
□ 夜の帰宅はたいてい10時以降で、常に睡眠不足
□ 疲れが取れず、やる気も出ない

自分では疲れていないと思ってはいても、疲れている人はたくさんいます。
若くて体力があるからと、疲れを認めない男性も多いようです。
でも、大抵の場合、体のエネルギーである「気」が不足し、精子も元気をなくした状態になっています。この状態が長く続けば、さまざまな病気のきっかけになったり、本当の不妊になってしまう可能性もあります。早目に対処しましょう。

kaeru01.gif 養生法

hana01.gif 休日の休み方
毎日夜遅くまで働いて、休日は家でゴロゴロという男性はとても多いです。
でも、平日と休日の生活リズムが違い過ぎては、逆に体に負担がかかってしまいます。
平日の仕事を30分でも良いので早めに切り上げる。
休日も海や山に出かけたり、好きな映画を見るなど、積極的に休日を楽しみましょう。

hana01.gif 残業
夜遅くまで働くことは心にも体にも負担をかけます。
少し早めに出社して、仕事をする時間をずらしてみましょう。

club.gif おススメ漢方 club.gif

 補中益気湯  「気」を補う漢方です
 四逆散  疲れからイライラしやすくなっている時
 など

 

club.gif 老化

danger.gif こんな人は要注意

 □ 以前より淡白になった
 □ 急に白髪が増え、歯がもろくなった
 □ 夜トイレに起きる
 □ 酒を飲むときにほとんど何も食べない

男性の妊娠力の低下は、性欲がわかないという形で現れることが多いです。
白髪、歯など兆候が現れたら要注意。
まだ若いのに、ゆっくり休んでも疲れが取れない、性欲も低下したという様なばあい、「腎」の機能が低下している可能性があります。「腎」は生命エネルギーのようなもの。「腎」の機能低下は老化と同じようなもの。精子の活動力、生命力に影響してしまいます。
「腎」の機能を高め、若々しい体をめざしましょう。

kaeru01.gif 養生法

hana01.gif 海のもの、黒いものを食べる
食事の改善が大切です。
まずはバランスの良い食事から。それに、貝やエビ、イカ、魚などの海の幸、黒米、黒ごま、黒豆などの黒い食品、山芋などを積極的に取り入れていきましょう。

hana01.gif 睡眠・早寝早起き
充分な睡眠も大切です。
夜更かしは体のエネルギーを消耗する原因になります。
忙しくても出来るだけ早く寝るようにし、朝も朝日を浴びてスッキリと目覚めましょう。

 

club.gif おススメ漢方 club.gif

 腎の機能を高める漢方がおすすめです

 海馬補腎丸
 杞菊地黄丸  など

 

club.gif 血液ドロドロ

danger.gif こんな人は要注意

□ デスクワークの時間が長い
□ 運動はほとんどしない
□ 食事は不規則で単品が多い
□ 肉や油っこいものが好き

血行の悪さは下半身の血行に影響を与え、精子の活動力の低下を招きます。
検診でネタボリック症候群の可能性があるといわれた方、肩こり・頭痛などの症状がある方、高脂血症・高血圧などの症状がある人は、特に注意が必要です。
年齢が高くなるにつれ、「血」の巡りはさらに悪くなっていきます。生活習慣病だけでなく、さまざまな病気になる可能性も。早めの対策をこころがけましょう。

kaeru01.gif 養生法

hana01.gif 野菜を積極的にとりましょう
男性はお付き合いなどで外食が多く、肉や油っこいものなど、カロリーの高いものを多く食べたり、蕎麦やうどんなど、炭水化物中心の食事だったりと、食生活に偏りがある人が多いようです。
まずは野菜をとることを心がけましょう。
ただし、サラダなどの生野菜は体を冷やしたり、量があまり取れなかったりするので、火を通した野菜(煮物など)をとるとよいでしょう。

また、ニンニク、ニラ、ネギ、玉ねぎ、スパイスなどは「血」の巡りを良くする作用があるので、適度に取り入れましょう

hana01.gif 適度な運動を
毎日体を動かす時間を作りましょう。
休憩時には出来るだけ体を動かしたり、階段を使うようにしたり、職場でも工夫出来ることはあるはず。
仕事の前後や休日にはスポーツを楽しむのも良いです。

club.gif おススメ漢方 club.gif

 良い血を体に巡らせてくれす漢方がおすすめです。

 冠元顆粒
 血府逐瘀丸 など

※ 症状や体質は一人一人異なりますので、漢方の専門家にご相談ください。

aicon339.gifしっかりと健康管理をしていくことは、不妊改善だけでなく、病気の予防にもつながります。
漢方の力を借りながら体質改善していきましょう。

前へ 
 次へ

 - 不妊でお悩みの方へ