不妊症のお悩みおまかせください!新海薬局の漢方子宝相談

★山梨県甲府市の漢方薬局★漢方ご相談実績の多い新海薬局★

*

うつ病

症状別相談室

お客様電話相談 ・・・  うつ病

●お客様  対面相談●

お客様 先生・・・。ご相談ですが・・・。
お客様
スタッフ いかがされましたか?
スタッフ
お客様 最近、寝汗がひどく夜中に何度も目が覚めて、よく眠れません。
スタッフ 何かストレスを感じているとか、生活環境に変化がありましたか?
お客様 ・・・会社が忙しく、思うように休みが取れません。
家に帰れば育児や家事をしなければならず、とても苦痛です・・・。
スタッフ 休暇をとることが出来ないのですね。
ご主人に家事を手伝ってもらうことは出来ませんか?
お客様 無理です。主人は帰りが遅いので・・・。
それに、以前は、食事の支度や掃除は「まぁこれくらいでいいか」と思えたのですが、最近はきっちりとしないと気が済まないのです。
スタッフ 動悸などはありますか?
お客様 いいえ。でも胸のあたりがモヤモヤしてすっきりしません。
スタッフ 今辛い症状は、不眠、寝汗、胸のモヤモヤ感ですか?
食欲不振や疲労倦怠感、手足のほてりなどはありますか・・・?
お客様 疲れやだるさはあります。職場でのささいな一言が気になり、落ち込んでしまうこともあります・・・。
私と同じような症状の友人がお医者さんから安定剤を処方してもらい、とてもリラックスして体調は良いらしいのですが、漢方薬で今の症状を改善できたら・・・と思いまして・・・。
スタッフ お客様は一人で色々なことを頑張りすぎて、心とからだの状態が不安定になっているのだと思います。
中医学では、不眠の解決条件として心(精神)の安定を考えていますので、心を安定させる作用のある漢方薬をオススメします。
お客様 ぐっすり眠れるようになるでしょうか?
スタッフ 薬の服用も大切ですが、これからは無理せず上手に手抜きをしながら生活する事も必要ですね!

焦らず様子をみましょう。

▲ TOP


●もしかして・・・うつ病?●
Aタイプ 心脾両虚    不安感、動悸、不眠、頭が重い、食欲不振、食後眠い、疲れるとイライラ
   のぼせ、発熱、不安感があるとフラッと頭がふらつく
Bタイプ 心腎陰虚    不安感、動悸、上半身の発熱感、のぼせ、手足の平や顔のほてり
   寝汗、足冷える
Cタイプ 陰虚火旺    不安感、動悸、イライラ、のぼせ(顔や目が赤い)
   手足の平や顔のほてり、不眠
Dタイプ 脾陽虚    不安感、食欲不振、手足の冷え、顔面蒼白
Eタイプ 心胆虚怯    不安感、動悸、決断力不足、不眠、痰が多い、むくみ、横になりたい
Fタイプ 肝鬱気滞    イライラ怒りやすい、ため息おならが多い、げっぷ、あくび
Gタイプ 肝鬱化火    イライラ怒りやすい、目が赤い、じっとしていられない、めまい、耳なり
Hタイプ 血お    舌の色青紫または青紫色の斑点、胸がモヤモヤする、頭部に固定した痛み

▲ TOP
●バランスを整える漢方薬●

天王補心丹てんのうほしんたん 酸棗仁湯錠さんそうにんとうじょう
天王補心丹
(てんのうほしんたん)
酸棗仁湯錠
(さんそうにんとうじょう)
【第2類医薬品】
【第2類医薬品】

星火温胆湯エキス顆粒せいかうんたんとうえきすかりゅう 帰脾錠きひじょう 星火牛黄清心丸せいかごおうせいしんがん
星火温胆湯エキス顆粒
(てんのうほしんたん)
帰脾錠
(きひじょう)
星火牛黄清心丸
(せいかごおうせいしんがん)
【第2類医薬品】
【第2類医薬品】
【第2類医薬品】

近年、生活の多様化(夜間就業など)に伴い、不規則な生活になりがちです。
そのため自然のバイオリズムがみだれ、睡眠異常を訴える人が増えています。

また、家庭や職場環境、過労などによりストレスを抱え、このストレスをきっかけにうつ病にかかる人が増えています。
最近「今、先進国では4人に1人がうつ病にかかるようになる」という報告があったそうです。

うつ病を治すには「休養」「薬物療法」が必要になります。
当店では、それぞれのタイプにあう漢方薬を用いて自然のリズムを取り戻すお手伝いが出来ればと、考えております。

気になる症状がありましたら、思い切って当店にご相談下さい。


▲ TOP

冷え症
更年期障害
糖尿病
ダイエット
花粉症
花粉症★衛気を高める

  PickUp♪

no image
牛黄

もうお盆も終わりですね。 40℃近い猛暑はひと山越えたようですが、まだまだ暑く、 …

no image
かぜ、インフルエンザ、花粉症などに負けない体をつくる!2

今流行のインフルエンザは皆様良くご存じのように、インフルエンザウィルスによって引 …

no image
夏の体調不良

昨日に続き、今日も多くの地域で最高気温が35度を超えるそうです この暑さで体調を …

no image
乾癬2

漢方の観点から乾癬を見ていきます 乾癬は中国では「銀屑病(ぎんせつびょう)」と呼 …

no image
健忘症

12月は師走。 「師も走る」と字の通り、忙しい日々を過ごして …

no image
二人目不妊

「一人目のこどもは簡単にできたのに、二人目がなかなか出来ない…。」 …

no image
熱中症に注意!

7月に入って雨続きて肌寒い日が続いていたと思ったら、一気に猛暑に! 熱 …

no image
漢方の力で心筋梗塞などを予防!

今年は雨が少なく、首都圏の水がめと呼ばれる、利根川水系8ダムの貯水率が低下し、取 …

no image
あなたの血液きれいですか?

ここ山梨では、7月終わりごろから過ごしやすい天気が続いています。 例年、日本1, …

no image
アトピーと不妊 ~ 瘀血に注意!

前回、アトピーの方の多くが「血が熱をもった」状態だというお話をしました。中医学用 …