不妊症のお悩みおまかせください!新海薬局の漢方子宝相談

★山梨県甲府市の漢方薬局★漢方ご相談実績の多い新海薬局★

*

がんのおはなし

 

一般的には、癌(がん:cancer)と呼ばれる悪性新生物、悪性腫瘍についてお話をしたいと思います。日本人の3人に1人、死亡原因の代表格として知られるがんですが、『最終的にがんになって死ぬことが多い』という言い方のほうが正しい気がします。

細胞分裂コピーミス
簡単にいうと、がんは細胞のコピーミスです。

わたしたちの体は毎日1%くらいの細胞が死に、減った細胞を補うために毎日数千億回、細胞分裂をしています。

そしてたまにコピーミスをします。

コピーミスされた細胞は多くの場合はそのまま死滅しますが、ある遺伝子にミスが起こると逆にその細胞は死ねなくなり、ひたすら分裂・増殖を繰り返します。

この「死なない細胞」がん細胞です。

ある学説では、がん細胞は一日に5000個生まれるといわれています。 誰の体でも起こっている日常現象なのです。

細胞分裂コピーミス

しかし、実はこのがん細胞を食べてくれる免疫細胞(リンパ球)というのがあって、大抵はこの免疫細胞(リンパ球)が毎日「異物」を発見し食べてくれているのですが、 たまにがん細胞を”見逃す”ことがあります。

”見逃された”がん細胞は、時間をかけて細胞分裂をして増えていき、塊になっていき、そしてがんになります。

細胞のコピーミスを極力減らすためには、まず、タバコ、そして化学物質・放射線などの影響を最小限に抑えることです。

それから、免疫細胞(リンパ球)にしっかり働いてもらうために、生活習慣を整えることが必要なのです。

具体的には、禁煙して、加熱した野菜と果物を適度に取り、塩分・お酒・肉は控えめに、ストレスは上手に発散し、軽めの運動をしっかりとすることです。

がんは一部の例外を除き遺伝しません。遺伝によるがんは全体の5%といわれています。
がんのほとんどは生活習慣によるものと思って頂いていいと思います。

体質や症状にあった食生活と、心身のバランスを整えてくれる漢方薬で、がんもしっかり予防しましょう!

幸せ家族でいましょう

ポイント  中医学で考えるがん  ポイント

現代医学では、抗がん剤治療や悪性腫瘍の摘出手術、放射線治療といった方法が主流です。

中医学では、免疫力を正常化する漢方薬や自然治癒力を高める食養生といった方法でがんと向き合います。

ここでは、医学的理由はまだ確定されていないものの、中国で効果があったといわれている食べ物や薬草を一部ご紹介いたします。

【注意】
ほとんどが野生のものである故に、性や薬効が強く、むやみに食するものではありません。
また日本では手に入りにくいものもあります。
ご興味のある方は、必ず専門知識のある方へご相談のうえ、服用してください。

ポイント キウイ
中国の長江の高山にて、たくさんなっている野生の桃の一種です。
外見は日本で食しているグリーン(茶緑色)ですが、実は桃と変わらないピンク色です。
中国名は「獼猴桃(びこうとう)」といいます。日本ではジュースとして流通してるものもあります。

ポイント 沙棘(さーじ)
紅沙棘ほんさーじ
沙棘(サージ)とは主に中国の華北、四川省等に分布するグミ科の植物。
貧弱な土壌や厳しい環境の中でも生長できる強い植物です。この沙棘の果実から抽出されたオイルは中国西域で古くから民間の健康食品として親しまれてきました。この沙棘の果実にはビタミンEやカロテン、不飽和脂肪酸等も含まれています。

この沙棘の果実から抽出した純粋な沙棘オイル100%の健康食品が「紅沙棘」(ホンサージ)です。飲みやすいソフトカプセルに入っています。
[健康食品]

ポイント サンザシ
中国産のサンザシは、享保(きょうほ)期に日本に伝わったとされています。
ジュースやドライフルーツなどで馴染みがあるサンザシは、生薬としても親しまれています。

ポイント 杏(杏子)
生食、缶詰、ドライフルーツ、ジュース、ジャムなど、幅広く親しみ深い果物です。
杏の種はキョウニン(杏仁)といって、生薬であり、咳止めや去痰などの漢方薬に用いられています。

白花蛇舌草びゃっかじゃぜつそう
ポイント 白花蛇舌草(びゃっかじゃぜつそう)

アカネ科の植物。
白い花と蛇の舌のような形状の葉を持つため、中国ではこの名前がつきました。

また、2枚の葉が対になっていて「フタバムグラ」との和名があります。

本品はエキス顆粒で、味にクセがなく、飲みやすくなっています。
[健康食品]

ポイント シベリア霊芝(しべりあれいし)
シベリア霊芝しべりあれいし
シベリア霊芝とは、サルノコシカケの一種で、生きた白樺の木に寄生し白樺のエキスを吸って成長するキノコです。別名「白樺霊芝」とも呼ばれています。

原産地ロシアでは、1950年代から60年代にかけて多くの研究が行われました。日本には1960年代にロシア(当時のソ連)のノーベル賞作家ソルジェニーツィンの小説で「チャガ」というロシア名で紹介され、霊芝ブーム、サルノコシカケブームのきっかけとなりました。

しかしきわめて稀少なもののため、門外不出とされ、これまで幻のキノコと呼ばれてきたのです。
「シベリア霊芝シリーズ」はこの本場シベリア産の「チャガ」から作られた健康食品です。
[健康食品]

 


 

がんは、発生・発展のプロセスが非常に複雑で、いろいろな原因を考える必要があります。
よって、ひとりひとり対応方法も異なり、おすすめする漢方薬も違ってきます。

中医学には同病異治(どうびょういち)】および異病同治(いびょうどうち)】という言葉があります。

例えば同じ乳がんでも、対応方法が異なる場合があるということです。

がんでお悩みの方、がん予防がしたい方はお気軽に新海薬局へご相談にいらしてください。

 

  PickUp♪

no image
血圧の安定は、生活習慣改善から

高血圧や低血圧の症状は、日頃の生活習慣と大きく関わっています。  「塩分は控えて …

no image
ストレスからくる病気1(精神的な鬱積が長引くと…)

 「漢方ファンのページ」より   怒りは肝を傷つけ、喜びは心、悲しみは …

no image
2014年もよろしくお願いします

今年も残りわずかになりました。 師も走る「師走」と言われるように、年末慌ただしく …

no image
生と死(人は必ず死ぬもの)

「漢方ファンのページ」より  死から眼をそらさないで!   …

no image
カビの季節

 Q: 「カビの大好きなもの」は何だか知っていますか?     A: 「湿気です …

no image
「かゆ~いよ!」・・・春の皮膚トラブル

昨夜から今朝にかけてとても冷え込みました。 このあたり(甲府)では雪は降りません …

no image
漢方

皆さんは漢方薬にどのようなイメージを持っていますか?   中学生Aさん …

no image
「血」を補い、輝く健康的な肌に!

ゴールデンウィークの後半ももうすぐですね 天気も良く、外出にはもってこいです で …

no image
風邪と花粉症

 ノロノロ台風の影響で雨の日が続いています。 例年なら残暑が厳しく、「暑さ寒さも …

no image
花粉症~その2

  今回は花粉症の症状別ケアをご紹介します。    鼻の花粉 …