不妊症のお悩みおまかせください!新海薬局の漢方子宝相談

★山梨県甲府市の漢方薬局★漢方ご相談実績の多い新海薬局★

*

メニエール病

 

回転性のめまい、難聴、耳鳴り、耳閉感が同時に起こるメニエール病・・・「メニエル病」「メヌエル病」「メニエール氏病」とも呼ばれています。

強い回転性のめまいがなく、低音だけが聞こえにくくなるものは、蝸牛型メニエール病といい、本格的なメニエール病の一歩手前といえるでしょう。
病態はメニエール病と同じ、内耳の内リンパ水腫です。

激しい回転性のめまいが起こるため、吐き気や嘔吐を伴い、まっすぐ歩くのが難しく、トイレに這って行っても便座にうまく座ることができないので、トイレも困難になることもあります。

内耳疾患なので、脳には異常はないので、意識ははっきりしているのが特徴です。

発症は30~50歳くらいの女性に多く、厚生労働省の特定疾患に指定されている難病とされています。

sk_bui.gif 耳のしごと

耳には2つのしごとがあります。

apple.gif  音を聞く

apple.gif  バランスをとる

耳の構造耳は、外側から順番に、外耳(がいじ)・中耳(ちゅうじ)・内耳(ないじ)という3つの部分から構成されています。

鼓膜より外側を外耳(がいじ:耳介、外耳道から成る)、鼓膜より内側を中耳(ちゅうじ:鼓室、耳小骨、耳管、鼓膜張筋、アブミ骨筋から成る)、カタツムリのような形状の部分を内耳(ないじ:蝸牛、前庭、三半規管から成る)といいます。

耳の外から入った音は、まず鼓膜を振動させ、中耳の耳小骨を通じて内耳へ伝わり、内耳の中のリンパ液を振動させ、その信号が脳に伝えられ、そしてようやく「音がする」とわかる、といった仕組みになっています。

そして、内耳では更にからだのバランスをとる役割も担っています。

活動するたびに、複雑な管状の内耳に満たされているリンパ液の流れや耳石器によって速さや水平方向と垂直方向を測定、脳に信号を送ってバランスをとる事ができているのです。

 

nikukyu_4.gif  nikukyu_3.gif  nikukyu_1.gif  nikukyu_2.gif  nikukyu_4.gif  nikukyu_3.gif  nikukyu_1.gif  nikukyu_2.gif  nikukyu_4.gif  nikukyu_3.gif  nikukyu_1.gif  nikukyu_2.gif  nikukyu_4.gif  nikukyu_3.gif  nikukyu_1.gif  nikukyu_2.gif  nikukyu_4.gif  nikukyu_3.gif

 

sk_bui.gif メニエール病は内耳のむくみ?


メニエール病は原因不明とされていますが、対処法としては、内耳のむくみをとる手法がとられます。
病院では主に利尿剤、また内耳の神経を改善する目的でビタミン剤や末梢の血流を改善する薬が処方されます。

中医学(中国漢方)では、メニエール病を発症した方の生活習慣や食生活などを聞くことからはじめます。

そこにメニエール病に至った原因が潜んでいるからです。

メニエール病を発症した方の多くに共通している点は、過労・ストレスフルな環境・食生活の不摂生が挙げられます。

漢方薬は効き目が遅くて・・・
というのは間違いです。

証にあった漢方薬を用いることで、早い改善を実感することができるでしょう。

 

新海薬局 メニエール病、改善ポイント 新海薬局

新海薬局 過労、疲れ、ストレスを溜めない、適度に休み、適宜発散する!

新海薬局 睡眠不足や、睡眠の質を見直してみよう!

新海薬局 腹七分を心がけ、冷たいものや生ものを食べすぎない、飲みすぎない!

新海薬局 お酒は一日コップ1杯を目安に、休肝日を4日に1日はとろう!

新海薬局 すいか・冬瓜・きゅうりなど、余分な水分を排出をする旬の野菜を取ろう!

新海薬局 気の流れを良くするハーブ(香りの良い野菜)をとろう!

新海薬局 黒い食べもの(黒豆、黒米、黒きくらげ、黒ごま)をとろう!

新海薬局 刺激の強いもの、香辛料は控えめにしよう!

新海薬局 体をしめつける服装を控えよう!

新海薬局 温かいものを飲食し、暖かい服装で、冷えないようにしよう!

 

新海薬局 よく使われる漢方薬 新海薬局

新海薬局 気の流れを良くしてイライラをとり除く

イスクラ逍遙丸(しょうようがん)、加味逍遙散エキス顆粒(かみしょうようさん)、イスクラ瀉火利湿顆粒(しゃかりしつかりゅう)など。

新海薬局 腎の働きを補う

イスクラ双料杞菊顆粒S(そうりょうこぎくかりゅう)、イスクラ杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)、ジメイ丸(耳鳴丸)、イスクラ参馬補腎丸(じんばほじんがん)など。

新海薬局 余分な湿と熱を取り除く

イスクラ温胆湯エキス顆粒(うんたんとう)など。

 

nikukyu_4.gif  nikukyu_3.gif  nikukyu_1.gif  nikukyu_2.gif  nikukyu_4.gif  nikukyu_3.gif  nikukyu_1.gif  nikukyu_2.gif  nikukyu_4.gif  nikukyu_3.gif  nikukyu_1.gif  nikukyu_2.gif  nikukyu_4.gif  nikukyu_3.gif  nikukyu_1.gif  nikukyu_2.gif  nikukyu_4.gif  nikukyu_3.gif

 

ひとりひとり、対応する漢方薬が違ってきます。
メニエール病は命にかかわる病気ではありませんが、日常生活に支障をきたす病気ではあります。
早期発見、早期対応が、上手に治す鍵となります。

p2_peko.gif  自己判断せずに、漢方の専門家にご相談ください。

早め早めの対策が大切です。お気軽にご来店ください neko01.gif

 

 

heart_2.gifこちらの記事もおすすめheart_2.gif

sk_bui.gif 漢方アンチエイジング

sk_bui.gif 腎虚とは?補腎とは?

sk_bui.gif 腎を補ってアンチエイジング

sk_bui.gif イキイキ血液アンチエイジング

 

 

  PickUp♪

no image
毎日の心がけで痛みを予防

 痛みの症状を防ぐためには、日頃の生活に気を配ることも大切です。 痛みを引き起こ …

no image
35歳を過ぎてからの妊娠

女性は35歳までに妊娠すると良いと言われています。 漢方でも同じです。 女性の体 …

no image
睡眠

 「春は眠くてたまらない…」、学生の頃はいつもそうだったのに。   …

no image
ストレス

 桜がきれいでしたね。 今年山梨はほぼ例年並みの時期の開花でした。開花が早かった …

no image
なかなか治らない皮膚疾患に漢方を

「掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)」「尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん) …

no image
夏を元気に!

「心」の養生 梅雨があっという間に明けて、7月前半だと言うのに各地で猛暑に見舞わ …

no image
体の夏対策を始めましょう

夏至を過ぎたばかりで、日が長いですね。 今週には沖縄が梅雨明けしそうだとのこと。 …

no image

痔はよくある病気です。 日本人の3人に1人は痔に悩んだ経験が …

no image
加味逍遥散

ゴールデンウィークが終わって数日経ちました。 もうすでに、お休みモードから仕事・ …

no image
乳がんの基礎知識…2 

北斗晶さんの乳がんのニュースに驚いていたら、川島なお美さんががんで亡くなったと& …