不妊症のお悩みおまかせください!新海薬局の漢方子宝相談

★山梨県甲府市の漢方薬局★漢方ご相談実績の多い新海薬局★

*

糖尿病予防と対策

糖尿病には4つの種類があります。

糖尿病の予防と対策 1型糖尿病
膵臓のβ細胞というインスリンを作る細胞が破壊され、体内のインスリン分泌がほぼゼロになってしまい起こります。小児や若年層に多いので小児糖尿病などといわれてきましたが、高齢者でもβ細胞が破壊されることがあります。自己免疫によるβ細胞の破壊のために発症したものを1A型、1B型はβ細胞が破壊された理由が不明なものでアフリカ系やアジア系に多いのが特徴です。

糖尿病の予防と対策 2型糖尿病
日本の糖尿病のおよそ95%はこのタイプです。
インスリン分泌量はゼロではないのですが、かなり少ない状態、または肝臓や筋肉などの細胞のインスリン感受性が低下した状態(インスリンの働きが悪い)ために、ブドウ糖がうまく取り入れられなくなって起こるものです。

糖尿病の予防と対策 遺伝子の異常やほかの病気が原因となるもの
遺伝子の異常や肝臓や膵臓の病気、感染症、免疫異常、薬剤などが原因で、糖尿病が引き起こされるタイプです。

糖尿病の予防と対策 妊娠糖尿病
妊娠をきっかけとして糖尿病の症状(血糖値が高くなる)が発症するものです。糖尿病患者が妊娠することは「糖尿病合併妊娠」といいます。妊娠糖尿病は、妊娠中毒症・尿路感染症・巨大児といった症状に進展することがあります。先天的な問題であることが多いといわれています。

 

インスリンの働き

p2_hate.gif インスリンの働き

インスリンは体内の血糖を下げる唯一のホルモンで、すい臓で作られています。

炭水化物を食べると、まず、小腸で消化吸収されます。
そしてブドウ糖となって肝臓へ送られます。
ブドウ糖は脳や筋肉で利用され、生命活動のエネルギーとなります。余ったブドウ糖は肝臓内に蓄えられ、更に余ると脂肪になります。

インスリンは、これらの流れ、ブドウ糖をエネルギーとして利用する手助けをしています。

インスリンの働きが低下していたり、インスリン自体が不足すると、ブドウ糖がエネルギーを必要としている細胞の中に運ばれなくなり、血液の中にあふれるため血糖値が上がり、更にブドウ糖が必要な細胞はエネルギーをもらえないので、正常に機能できなくなるというわけです。

 

p2_kyoro.gif 糖尿病になったらコントロールを!

インスリンの働きの低下やインスリン自体の不足は、長い年月をかけて蓄積された生活習慣が基ですので、もとの状態に改善することは難しいとされています。

糖尿病になっても、上手にコントロールを続けていけば、糖尿病の合併症(脳出血、脳梗塞、狭心症、心筋梗塞、皮膚感染症、神経障害壊疽、糖尿病性腎症(人工透析になる方、年間1万人)、糖尿病性網膜症(日本人の失明原因のトップ)など)を防ぐことはでき、寿命も健康な人と変わりません。しかし、血糖値が安定してきた、症状が出なくなったからといって、コントロールをしないでいると、知らない間に進行し、取り返しのつかない状態になります。

そうした意味で、しっかりコントロールを続けていれば一生健康な人と変わらないQOL(quality of life:生活の質)を維持できる病気と表現されています。

 

pu_nn.gif 肥満と糖尿病の関係

厚生労働省の「糖尿病実態調査」によると、肥満であると糖尿病を発症するリスクが高まるとされています。肥満を防ぐことは、糖尿病だけでなく、生活習慣病を防ぐ最大のポイントといえるでしょう。

= 22.0 ) $judge = “小太りです”;
else if ( $bmi >= 25.0 ) $judge = “肥満です”;
else $judge = “標準体重です”;

?>

あなたのBMIは・・・日本肥満学会では、BMI 22を標準値、BMI 25以上を肥満としていますが、実際にはBMI 22 ですとぽっちゃり体型の方がほとんどです。ここではBMI 18.5 ~ 22 未満を適正、BMI 22 ~ 25 未満は小太りとしています。
【BMI の計算式】 体重(kg)/(身長[m]×身長[m])
【適正体重の計算式】 身長[m]×身長[m]×22
※妊婦を除きます。

 

p2_pati.gif 上手にコントロールを続けるための3つのポイント

糖尿病の予防も、糖尿病を発症した方も、合併症を防ぐためには上手にコントロールを続けることが大切なポイントです。血糖だけではなく、糖尿病自体を上手にコントロールする大切なポイントを3つ挙げてみました。

p_fusha.gif 栄養のバランスをとり、必要最低限の摂取カロリー(エネルギー)を摂ること

糖質45脂肪35タンパク質20
が良いバランスとされています。糖尿病だからといって、糖質を極端に減らすなどのバランスを無視した食事にしないようにしましょう。肉類を減らし魚を取り入れるのは良いことです。また、カロリーだけを重視した食事もいけません。ビタミン・ミネラル・食物繊維など、旬の野菜や果物で栄養バランスを整えましょう。

体重1kgあたり、20kcalが基礎代謝量(全く何もせずにいる状態で、呼吸・血液循環・体温維持などの生命維持に必要な活動に消費されるカロリーのこと)と考えます。実際の生活には基礎代謝量以上のカロリーを消費していることになりますから、70kgで太りすぎといわれている方は、基礎代謝量の1400kcalで食事制限をすると、自然にやせていくという計算になります。

必要最低限の摂取カロリーは、この基礎代謝量+生活に必要なカロリーを計算する必要があります。
糖尿病の方は、病院などから指導を受けると思います。ここでは参考までにご案内いたします。

 デスクワークや専業主婦の方は、体重1kg×30kcal
 接客業やサービス業、育児中の主婦の方は、体重1kg×35kcal
 農業・漁業・建設業の方は、体重1kg×45kcal
 スポーツをされる方、宅配運搬などの重労働の方は、体重1kg×55kcal
 15歳以下の方は、1000+(100×年齢)

 

p_fusha.gif 食事の時間を出来るだけ一定に保つこと

食後は血糖値が一時的に上がります。
また、食前の空腹時は低血糖になりやすくなります。
血糖値の変動はなるべく抑えたいので、1日4~6回に分けて食事をすると良いといわれています。

 

糖尿病をコントロールするためのポイント

p_fusha.gif 適度に運動をすること

体を動かすと、気(生命エネルギー)が発散され、よくめぐるので、心も細胞も元気になります。
外気に触れ、深呼吸したり、ウォーキングやヨガ、太極拳といった有酸素運動で、毎日、適度に体を動かすようにしましょう。

 

さて、それでは次回9月は糖尿病と漢方について詳しくご案内してまいりましょう。

flair.gif きっと貴方のお役に立てます。糖尿病でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

  PickUp♪

no image
生薬の値上がり

価格高騰 ここ最近原油価格が高騰しています。 原油価格があがると、「ガソリンの値 …

no image
腰痛

寒くなると、腰痛を訴える人が増えてきます。 単に、腰が重い、ちょっと腰が痛い、と …

no image
あなたの肌は大丈夫?…春の肌トラブル

「今日も花粉が多いでしょう」という花粉予報をみて、ため息をつく方もおおいのでは? …

no image
血圧に注意!~ その2

血圧に注意!~ その1血圧を安定させるには次の3つが大切。   「血管を柔軟に保 …

no image
もう3月ですがインフルエンザに対処を

昨日「皇太子さまがインフルエンザに感染した」とのニュースが流れました。 もう&# …

no image
漢方で治そう、口内炎

お盆を過ぎてもまだ暑い日が続いています。 暑さで食欲も落ち、「なんだか体がだる~ …

no image
水虫!!

今日は朝から雨です。 朝から、しとしとと降る雨。梅雨を連想させますが、梅雨の頃よ …

no image
あなたの瘀血(オケツ)はどのタイプ?

目指せ!「血液イキイキ!元気で長生き!」 前々回のドロドロ血チェックはやってみま …

no image
「冷えと不妊」

昨日、今日と冷え込んで、真冬のような寒さです。 ここ甲府では、昨日の最低気温は1 …

no image
35歳を過ぎてからの妊娠

女性は35歳までに妊娠すると良いと言われています。 漢方でも同じです。 女性の体 …