不妊症のお悩みおまかせください!新海薬局の漢方子宝相談

★山梨県甲府市の漢方薬局★漢方ご相談実績の多い新海薬局★

*

子どもの熱中症予防

暑さ本番、楽しい夏休み期間中に熱中症になる方も多くいらっしゃいます。

熱中症は、高温多湿の外気による高温障害のことで、熱疲労・熱けいれん・熱失神・熱射病などのことをいい、時に命にかかわる重大な発症でもあるので十分な注意が必要です。

特に、子どもは自分で自分を気遣うことが難しく、また団体行動の際には自ら手をあげて水を飲みに行くということもなかなかできないので、保護者の方や周りの大人が注意深く様子をみて、声をかけてあげることが重要です。

子どもの熱中症予防★新海薬局

 

 

熱中症いろいろ

  熱失神 熱けいれん 熱疲労 熱射病
意識 なし あり あり 緊急事態
体温 正常 正常 ~39℃ 40℃以上
皮膚 正常 正常 冷たい 高温
発汗 あり あり あり なし
その他の症状 不整脈。突然の意識消失。 けいれん。硬直。 体温は高いのに皮膚は冷たいという現象。 高度の意識障害。皮膚が乾燥する。
原因 長時間の直射日光、高温の室内にて、発汗による脱水と末端血管の拡張によって、体全体の血液の循環量が減少した結果発症。 大量の発汗後、水分のみの補給で塩分やミネラル不足により発症する。 多量の発汗に水分・塩分・ミネラル補給が追いつかず脱水症状になり発症する。 視床下部の温熱中枢まで障害され、体温調節機能が失われることにより発症する。
重症度 Ⅰ度 Ⅰ度 Ⅱ度 Ⅲ度
対応方法 輸液(ゆえき:水分、電解質などの点滴)、冷却。 経口補水塩(けいこうほすいえん:水1L/食塩3g/ブドウ糖40g)の投与。 輸液(ゆえき:水分、電解質などの点滴)、冷却。 緊急入院にて冷却。
応急対応 胃痙攣をおこすことがあるので冷たすぎるものは避け、経口補水液またはスポーツドリンクを飲ませる。

但し、スポーツドリンクはナトリウム濃度が低いため、特に乳幼児には味噌汁や経口補水液がよい。

体を冷やす方法としては、涼しい場所で休ませ、霧吹きで水を全身にかけ気化熱によって冷ます方法、冷たい缶ジュースや氷などでわきの下や股下などの動脈があるところを集中的に冷やす方法、うちわであおぐなどの方法がある。

汗をかいていなくても、熱がなくても、上記のように熱中症にかかっている可能性がある。躊躇せず、救急車を呼ぶことが肝要である。

 

 

子どもの熱中症対策ポイント

p2_pati.gif 汗をかける体質に!!
人間は汗をかいて体温調節をします。
自分で自分の身体を調節する、つまり、汗を上手にかけるような身体を作ってあげることも大切です。

良い汗は、汗をかきやすい、粒が小さくさらっとした汗です。汗をかくまでに時間がかかり、汗腺をふさぐようなじっとり汗はあまり良い汗とはいえません。

エアコンを上手に使うことは大切ですが、水遊びや木陰を利用するなど、自然な涼対策も取り入れて、室内だけでなく積極的に外に出ましょう。また、室内の換気もお忘れなく。

p2_pati.gif 夏野菜で水分補給を!!
夏野菜には、身体を潤しながら冷やすという特性があります。

キンキンに冷えた飲料水やアイスは胃腸を冷やすだけで身体の熱を冷ましてはくれません。

なす、トマト、きゅうり、ゴーヤ、すいかは、身体の熱を冷まし、汗で失われた水分を補ってくれる、実に理にかなった夏野菜です。メロンや桃もおすすめです。

p2_pati.gif こまめに休息を!!
サッカーや野球、スポーツ観戦など、熱中症の危険性が高い時には、熱中症対策グッズを利用する他、こまめに休息の声かけをお願いします。通気性の良い綿布を濡らして首にかけるだけでもだいぶ違います。

気温の高い場所に長時間いさせない、水分補給をまめにとるよう指導するなど、子どもは地面に近いため、地熱の影響を受けやすく、また身体に熱もこもりやすいので十分に注意しましょう。

 

 

夏にうなぎを食べる理由

うなぎの旬は冬ですが、暑い夏の土用の丑の日にうなぎを食べますよね。

これは江戸中期、平賀源内(ひらがげんない)が、夏に暇な友人のうなぎやさんを繁盛させるため、『土用の丑の日うなぎの日、食すれば夏負けすることなし』という看板をだしたことがきっかけとなり、現在に至るまで『夏にうなぎを食べて元気いっぱい!』というイメージがついたといわれています。

しかし、実はうなぎは立派な補気(ほき)食材です。

元気を速やかに補うことができます。

平賀源内(ひらがげんない)は浄瑠璃作者であり、地質学者であり、発明家であり、また蘭学、本草学、漢学、医学にも通じていた天才であったといいますから、夏にうなぎを食すようすすめたのは、あながち宣伝の為だけでなかったのかも知れません。

うなぎの他に、エビ、イカ、鯉、山芋、ユリ根、ハスの実、菊花、きのこ類、はちみつ、も気を補う食べ物です。

うなぎ★新海薬局

 

 

スペシャルドリンクの作り方

潤いを補い、気も同時に補ってくれるのが麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)という漢方薬(第3類医薬品)です。とあるスポーツ選手は練習中に、スポーツドリンクに麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)を溶かしたスペシャルドリンクを愛飲して、熱中症の予防に役立てているとか。

今回は手軽に準備できるスペシャルドリンクの作り方をご紹介いたします。

スペシャルドリンク★新海薬局【材料】
・粉末のスポーツドリンク
・麦味参顆粒
(ばくみさんかりゅう)

水1リットルに、粉末のスポーツドリンク1袋(1L用)と麦味参顆粒5袋を混ぜあわせ、よくシェイクして溶かしたら出来上がりです★

 

 

漢方薬は医薬品です。
服用の際は必ず、知識と経験が豊富な専門スタッフに必ずご相談ください  heart04.gif

 

新海薬局では、あなたに合った漢方薬だけでなく、生活養生方法や食養生などのご提案も差し上げております。
お店の紹介へ  ★何でもお気軽にご相談ください★ p2_pati.gif

新海薬局のお店紹介はこちら

 

 

▲TOP