不妊症のお悩みおまかせください!新海薬局の漢方子宝相談

★山梨県甲府市の漢方薬局★漢方ご相談実績の多い新海薬局★

*

周期法とは?

不妊症漢方相談の新海薬局
周期法とは、自分の月経のリズムを知り、そのリズムにあわせて漢方薬を飲みわける方法のことをいいます。

周期法は、病院の不妊治療と併用して行えます。

そこで、周期法をはじめようと思っている方、また不妊でお悩みの方は卵胞の発育、排卵に関係するホルモンに問題がないかを調べる検査(ホルモン検査)をしておくと良いでしょう。

 

不妊症ホルモン検査

月経周期各時期の血中ホルモン正常値
  卵胞期 排卵期 黄体期 閉経後
FSH
(mlU/ml)
5.2~14.4 5.6~14.8 2~8.4 26.2~113.3
LH
(mlU/ml)
1.8~7.0 5.6~34.9 1.0~7.8 8.7~38
PRL
(ng/ml)
2.4~8.1 4.2~17.3 2.6~11.6 1.9~7.2

 

検査値でわかること
FSH
(卵胞刺激ホルモン)
高い 卵巣機能低下
低い 視床下部、下垂体機能の低下
LH
(黄体刺激ホルモン)
高い 多膿胞性卵巣の可能性
FSH、LA 共に 低い 視床下部OR脳下垂体機能低下
PRA
(プロラクチン)
高い 排卵障害や黄体機能不全
  その他のホルモン
黄体ホルモン 低い 黄体機能不全
エストロゲン 高い 卵胞の発育不良
甲状腺ホルモン値の異常 排卵障害、着床障害、流産など

 

月経のリズム
女性は一ヶ月の間、「月経期」、「卵胞期(低温期)~排卵期」、「黄体期(高温期)」と、大きく3つの期間によって、からだの状態が異なります。

「月経期」は、いらなくなった子宮内膜を外に排除する期間で、「卵胞期(低温期)~排卵期」は、エストロゲンの分泌が高まり、子宮内膜が再生・増殖し、卵胞が成熟して排卵する期間です。「黄体期(高温期)」は、卵胞期で作られた卵胞が黄体に変化し、今度はプロゲステロンの分泌が高まり、子宮内膜が厚くなり、受精卵のためのやわらかいベッドを作る期間です。卵胞期は、周期後半のおよそ2週間です。

※下図「月経のリズム表」参考※

不妊症漢方相談の新海薬局

 

この月経のリズムを知るために、基礎体温が参考にされますが、基礎体温のバランスが悪い時には、周期法の前に、からだの状態を整える必要があります。

特に、冷えのひどい人、血の巡りの悪い人(ひどい生理痛がある場合が多いです)、ホルモン治療などを受けたことのある人、など、その人の今のからだの状態によって、まずは体調を整えることを優先させた方がいい場合もあります。

 

不妊症漢方相談の新海薬局

新海薬局のお店紹介はこちら