不妊症のお悩みおまかせください!新海薬局の漢方子宝相談

★山梨県甲府市の漢方薬局★漢方ご相談実績の多い新海薬局★

*

不妊と花粉症

寒い冬の終わり、ようやく暖かくなってくると花粉がとびはじめる・・・。
花粉症をおもちの方には辛い季節ですよね。

漢方の子宝相談でお話を伺っていると、この季節「実は花粉症なんです。」と伺うことがあります。

花粉症の『花粉を体に害のある敵とみなし排除しようとして、鼻水やくしゃみ、涙で洗い流そうとする免疫システムの発動』、つまり免疫力の誤作動ともいえます。

不妊と花粉症★新海薬局

 

「花粉症と不妊症とは別の問題でしょ?」と思われる方も多いと思います。

しかし、漢方の子宝相談は、心と体、すべてのバランスを整え健康な心と体を目指し、妊娠しやすい体づくりをしていく方法です。中医学では「今抱えている問題」だけでなく、全体を見通して考えていくことが大切です。

但し、現代医学では人体を部分でとらえるので「花粉症には不妊治療とは別の花粉症の治療」となりがちですが、中医学ではそもそも全てがつながっているものとし全体をとらえるので、「不妊症の薬にプラスして花粉症の薬」というわけではありません。

どのような場合でも「あなたのトータルバランスを整える為に必要なもの」を適応します。その結果、「花粉症が治ったかな、と思ったら妊娠した!」「基礎体温表のラインが整ってきたと思ったら妊娠して、そういえば花粉症もなくなった!」という感想を頂くことも多いのです。

そもそも、一部の婦人科や耳鼻咽喉科では「妊娠したいなら花粉症の治療薬はおすすめできない」「花粉症の治療薬をやめてから1ヶ月後くらいから妊活したほうが良い」というところもあるそうです。花粉症の治療薬が妊娠に影響するのかしないのかわからない、というのでは困りますね。

 

 

花粉症と不妊症のつながり

免疫システムの誤作動は、主に衛気(えき)不足です。

衛気(えき)は気の一種なので、気虚(ききょ)とほぼ同じ意味です。気虚とつながりやすい(互いに影響しあう)のが、血虚(けっきょ)とおけつです。よって、花粉症以外の症状に着目し、どのような対策を講じるべきかを考えていきます。

不妊と花粉症★新海薬局

 

元気不足(気虚)
すぐ疲れる、倦怠感、溜息、不安、心配性、声が小さい、食が細い、手足が冷える、風邪をひきやすい、生理周期が早まりやすい、生理の量が少なく色が薄い、性欲が少ない(めんどくさい)

血不足(血虚)
貧血、めまい、立ちくらみ、かすみ目、視力減退、寝つきが悪い、多夢、ものわすれ、イライラ、お肌が乾燥する、爪が割れる、生理量が少なく色が薄い、生理が終わってからだるくなる、生理前に落ち込みやすい

血のめぐりが悪い(おけつ)
肩こり、頭痛、生理痛、シミ・アザが治りにくい、舌や唇の色が紫っぽい、クマができやすい、生理に血の塊がまじる、痔がある、生理前にイライラしやすい、腫瘍や子宮筋腫・子宮内膜症がある

 

 

衛気(えき)を高める

衛気を高めるには、脾(ひ:消化器系)の力を高めてあげることが近道です。

しかし、現代では脾の力を逆に低下させる食生活、ライフスタイルが主流ですので、意識して積極的に変えていきましょう。

 

 食べたり飲んだりしてほしくないもの 

甘いもの、揚げもの、加工食品、冷凍食品、生もの、冷たいもの、味の濃いもの、香辛料の多いもの、アルコール、たばこ

不妊と花粉症★新海薬局チョコレートやケーキフライドチキン、ファーストフード、ポテトチップス、お刺身、サラダ、濃厚な味つけ、などなど、
これらには、牛乳や卵、白糖、動物性油脂、化学調味料、添加物などがたくさん使われており、胃腸に熱をこもらせたり、消化を妨げたり、胃腸のちからを低下させたりします。

食習慣を変えることでスムーズに花粉症が治る場合もあります。
お試しください。

 

 

 ライフスタイルのポイント 

 ストレスは適宜解消する
ストレス解消の為の漢方薬もございます。お気軽にお声かけください。

不妊と花粉症★新海薬局

 食べ過ぎない、飲み過ぎない
腹七分で余裕を残しておきましょう。

 がんばりすぎない
真面目でがんばりやさん、少し肩のちからを抜いても大丈夫ですよ。

 睡眠時間をキープする
睡眠タイムは細胞を修復する時間。22時~午前2時はゴールデンタイム、寝ていなくちゃもったいない!

 

 

あなたの体質や症状にあった漢方薬をお選びいたします。
★何でもお気軽にご相談ください★
★お急ぎの方は、恐れ入りますが055-232-1368までお電話ください。m(_ _)m
新海薬局のお店紹介はこちら

 

 

  PickUp♪

no image
恋愛漢方その3

前回は女性の恋愛体質をチェックしました。 あなたのタイプは何でしたか? 今度は男 …

no image
風邪のひき始め

街路樹がすっかり色づき、秋らしい色で目を楽しませてくれます。同時に、頬にふれる風 …

no image
しつこいニキビ、何とかしたい!!

ニキビで悩んでいる方はけっこういるようです。 昔は「ニキビ」と言えば、「青春の象 …

no image
自分の体にもバリアを!

各地で被害をもたらしたノロノロ台風が去りしばらく経ちましたが、被害のあった所では …

no image

痔はよくある病気です。 日本人の3人に1人は痔に悩んだ経験が …

no image
男性不妊

赤ちゃんが出来ないのは、女性に原因がある場合と、男性に原因がある場合と、ほぼ同割 …

no image
乾癬1

治りにくい皮膚疾患の一つに乾癬があります。  乾癬とは? 乾癬は表皮の細胞増殖と …

no image
腰痛

寒くなると、腰痛を訴える人が増えてきます。 単に、腰が重い、ちょっと腰が痛い、と …

no image
温活キャンペーン実施中です!

「冷え」で悩んでいませんか? 「冬は寒くて毎日つらい」 「布団に入っても、手足が …

no image
ストレスからくる胃腸障害

「漢方ファンのページ」より   さて、今日は消化器系の病気についてです …