不妊症のお悩みおまかせください!新海薬局の漢方子宝相談

★山梨県甲府市の漢方薬局★漢方ご相談実績の多い新海薬局★

*

卵管閉塞・卵管狭窄

何らかの原因で、卵管がつまってしまうと、精子の流れが悪くなったり受精卵を子宮へ運ぶことができず、体外受精という提案をされることも少なくないようです。

卵管の異常による不妊症は、不妊症原因でも一般的なもので不妊症原因のおよそ3割が卵管閉塞・卵管狭窄によるものといわれています。

しかし、FT法(卵管鏡下卵管形成術)などの手術による自然妊娠、中医学の子宝相談による自然妊娠、またはその併用による自然妊娠も可能性はあります。どうかあきらめる前に、一度ご相談にいらしてみてください。

 

p_fusha.gif  卵管閉塞とは

卵管閉塞卵管狭窄☆山梨県の漢方薬局☆新海薬局

上のイラストは通常の受精の仕組みです。

卵管は子宮底から左右一対で伸びる管で、長さは8~12cmほど、太さは狭いところで1mmと繊細で細い管です。

子宮内に入ってきた精子と卵管采から入ってきた卵子の受精を行ったり、受精卵を分割(胚の形成)しながら子宮腔への移送を行う場所になります。

この卵管がつまった状態を卵管閉塞、卵管がせまくなってしまうことを卵管狭窄といいます。

卵管が詰まる原因としては卵管内での炎症が挙げられており、具体的には、クラミジア感染・淋菌感染・子宮内膜症・虫垂炎・腫瘍などがあります。

卵管閉塞や卵管狭窄は、ほとんどは無症状なので「不妊症検査ではじめて分かった」という方が多いのではないでしょうか。

 

 

p_fusha.gif  卵管閉塞・卵管狭窄でも妊娠できるの?

FT法(卵管鏡下卵管形成術)は、細い管を膣から挿入し詰まっている卵管の部分にバルーン(風船)を膨らませながら通り、詰まりを改善する方法です。一般的には、麻酔なし、日帰り手術、健康保険が適応できます。

また、卵巣に近い管の場合は腹部に穴をあけて手術する腹腔鏡手術が適応になる場合もあります。一般的には全身麻酔、要入院、健康保険が適応できます。

中医学では、卵管閉塞や卵管狭窄になったそもそもの原因に直接アプローチして、卵管のとおりを良くする方法をとります。

 

 

p_fusha.gif  卵管閉塞・卵管狭窄の中医学的対応

中医学では、お一人お一人の体質や症状に合わせて改善方法をご提案しています。

通常の子宝漢方にプラスして、瘀血(おけつ)・湿熱・気滞をベースに考えていきます。

 経血に塊がまじる
 冷えがある
 生理痛、慢性的な頭痛がある
 ため息が多く、すぐに疲れる
 お酒が好き、脂っこいものが好き
 おならやゲップがでやすい
 尿が濁ったり、排尿に違和感がある

このような症状はありませんか?
様々な症状から体質を見極め、卵管閉塞・卵管狭窄を起こす原因から対処していきます。

例えば血のめぐりが悪い方へは冠元顆粒や田七人参などが適応ですし、気のめぐりが悪い方へは逍遥丸や加味逍遙散エキス顆粒など、また体に余分な熱や水分をためこんでしまっている方へは瀉火利湿顆粒や茵陳蒿湯など。

お一人お一人に合わせて最善の方法をご提案いたします。
信頼と実績のある新海薬局へ是非ご相談にいらしてください。

 

卵管閉塞卵管狭窄☆山梨県の漢方薬局☆新海薬局

 

★何でもお気軽にご相談ください★

新海薬局のお店紹介はこちら

 

 

  PickUp♪

no image
夏の体調不良

昨日に続き、今日も多くの地域で最高気温が35度を超えるそうです この暑さで体調を …

no image
不妊症相談 ~冷え性

先週、うれしいニュースがありました 漢方薬で不妊を乗り越え出産された方が、赤ちゃ …

no image
そろそろ花粉症対策をはじめましょう

今年の冬は例年にまして寒さが厳しい気がしませんか ここ甲府でも連日最低気温は氷点 …

no image
めまい ~その3

  余分な水分によっておこるめまい さて、今回は水分代謝がうまくいって …

no image
原因別 痛みの養生法

関節痛や神経痛などの悩みを抱えていると、日頃の家事も辛くなり、外出するのもいやに …

no image
眠れない、元気が出ない…春の不調

3月も半ばになり、だんだんと春めいてきました。 今日はぽかぽかして、暖 …

no image
花粉症ケア

先週の金曜日から土曜日にかけての大雪のため、山梨県内ではまだ混乱が続いています。 …

no image
漢方と大腸がん

どうして大腸がんになるのでしょう? 遺伝? 体質? 焦げたものを食べたから?  …

no image
自分の体にもバリアを!

各地で被害をもたらしたノロノロ台風が去りしばらく経ちましたが、被害のあった所では …

no image
目が痒くてたまらない! くしゃみ、鼻水が!…『花粉症』

今年の啓蟄(けいちつ)は3月5日でした。 啓蟄とは「大地が温まり冬眠していた虫た …