不妊症のお悩みおまかせください!新海薬局の漢方子宝相談

★山梨県甲府市の漢方薬局★漢方ご相談実績の多い新海薬局★

*

卵巣のう腫

卵巣のう腫は、良性の卵巣腫瘍(らんそうしゅよう)です。
悪性の卵巣腫瘍である場合は、卵巣がんと呼ばれます。子宮筋腫と同じくらいの発症数です。

卵巣に液体がたまった状態の卵巣のう種ですが、いくつか種類があります。

類皮のう種
毛髪や歯・骨・皮膚などが混じったドロドロのものがたまった状態。
両方の卵巣に起こることがあり、10代~20代の方が多い。

漿液性のう腫
卵巣から分泌される漿液という透明のサラサラの液体がたまったもの。
年齢を問わず起こる。

粘液性のう種
液体がドロドロとした粘液のもの。
閉経後の方に多く、肥大化しやすい。

チョコレートのう腫
子宮内膜症が原因で起こるもの。
生理の際に経血がたまり起こるもの。30代~40代の方が多い。

卵巣腫瘍はほとんどが良性といわれています。
しかし、卵巣のなかにできる腫瘍なので良性か悪性かは手術で腫瘍を摘出し、病理検査をしていないと判断できません。

良性の腫瘍であっても、妊娠の妨げになることもありますので、どうして腫瘍ができるのか、どうすれば腫瘍がなくなるのか、腫瘍があっても妊娠できるのか、などを考えながら対応していくと良いと思います。

卵巣のう腫

 

 

卵巣のう腫★新海薬局  どうして腫瘍ができるの?

どうして腫瘍ができるのか・・・。
実は原因がわかっているものはチョコレートのう腫だけです。

チョコレートのう腫は、子宮の内側の組織の増殖と剥離、つまり生理のメカニズムを(子宮ではなく)卵巣で繰り返してしまい、その細胞や血液が卵巣内にたまったものです。

本来、排卵された卵子は受精をしてから細胞分裂をはじめるのに、なぜか無精卵が細胞分裂をはじめてしまったものが恐らく類皮のう腫だろう、という推測はされていますが、どうして無精卵が細胞分裂をはじめてしまうのか、など、卵巣のう種の原因はまだわかっていません。

 

 

卵巣のう腫★新海薬局  症状と主な治療方法

卵巣のう腫は初期はほとんど無症状です。
妊娠に気づいたときに発見されたり、また茎捻転が起こり発見されることが多いです。

茎捻転は卵巣を支えている二本のじん帯がねじれを起こす現象です。腫瘍が大きくなり、じん帯のなかを通る静脈が圧迫されるなどして、卵巣がうっ血、炎症を起こすようになり、次第に組織が壊死し、周りの組織との癒着、破裂、出血、化膿などが起こります。

茎捻転が緩やかに進行している場合は下腹部に徐々に強くなる痛みが伴い、突然下腹部に激痛が起こることもあります。茎捻転を起こしたと気づいた場合ほとんどは卵巣が壊死しているので、外科手術で卵巣卵管摘出となります。茎捻転を起こしていない場合は、通常のう腫のみを摘出する外科手術が適応されます。

卵巣のう種は、初期症状がほとんどなく、こぶし大くらいの大きさになって初めて、下腹部の違和感、下腹部痛、腰痛、不正出血、頻尿、便秘、嘔吐などの症状があらわれます。

早期発見できれば、経過観察か、外科手術でも出来るだけ腫瘍のみを切除するように対応できるのでしょうが、こぶし大以上に大きくなっていると、卵巣または卵巣卵管ごと摘出しましょう、とすすめられることも多いと思います。

特に、粘液性のう種は肥大化しやすく、嚢胞が破裂し、中の粘液がおなかの中に飛び散り、その影響で腹膜炎になることもあるので注意が必要です。

妊娠中の方はもちろん、閉経前に卵巣を取る、ということはそれだけ心身に影響が及ぶので、よく考え、よく話し合って治療されると良いと思います。

 

 

卵巣のう腫★新海薬局  卵巣のう腫は不妊につながる?妊娠はできる?

片側だけでも、卵巣卵管が残っていれば妊娠は可能です。
しかし、腫瘍が卵管に癒着している、など不妊につながることもあります。

妊活中の方は、定期的に婦人科の検診やがん検診などを受けておくと安心ですね。

 

 

卵巣のう腫★新海薬局  卵巣のう種、漢方では?

卵巣のう種は、中医学では、余分な水分が体内に蓄積された状態、と考えます。また、その発症にはストレスが関与していると思われるので、精神コントロールをする臓、肝(かん)と心(しん)の機能を高めるとともに、水分代謝をよくする、免疫力を高めていく、ことに注力します。

漢方薬は現代医学と併用できます。
双方の良いとこどりをして、早めに良い状態にもっていきたいと思っています。

卵巣のう種がある程度大きくなられている場合は外科手術が必要な時もあります。漢方薬は治療のサポートになったり、再生を防いだり、と大きな助けになってくれます。

詳しくはご来店、ご相談にいらしてください。

卵巣のう腫

 

 

★あなたの体質に合った漢方薬をご提案します★
新海薬局にお気軽にご相談ください!

不妊症漢方相談の新海薬局

新海薬局のお店紹介はこちら

 

 

  PickUp♪

no image
将来日本の人口は?

8月20日総務省統計局より日本の人口について発表がありました。 総人口(概算値) …

no image
もう30代後半、そろそろ赤ちゃんを

戦前は、十代での結婚出産は特別なことではありませんでした。 戦後徐々に結婚年齢が …

no image
目…点眼薬の正しい使い方

今話題の林先生の番組を久しぶりに見ました。 昨日は「眼科医が教える『近視』『老眼 …

no image
暑さ指数

昨日5月13日(火曜日)、甲府の暑さは全国一位で、 …

no image
節電と熱中症

 蒸し暑い日が続くようになってきました。 体がだる~い、疲れがとれない、足が重い …

no image
不妊とストレス

「子どもはまだ?」 ちょっとした一言なのに、これが結構つらいんですよね。こころに …

no image
体質改善で「花粉症」対策

日本気象協会の2017年春の花粉飛散予測では 「2月上旬に九州北部や中国・四国・ …

no image
尿トラブル

昨日は10月8日。二十四節気の「寒露」に当たる日でした。  「寒露」とは?  「 …

no image
ストレスからくる病気1(精神的な鬱積が長引くと…)

 「漢方ファンのページ」より   怒りは肝を傷つけ、喜びは心、悲しみは …

no image
温胆湯(うんたんとう)

先日、「漢方ファン」の方の「竹炭」をブログに載せました。 そこで、 「竹の仲間の …