不妊症のお悩みおまかせください!新海薬局の漢方子宝相談

★山梨県甲府市の漢方薬局★漢方ご相談実績の多い新海薬局★

*

漢方と大腸がん

   

            

どうして大腸がんになるのでしょう?

遺伝? 体質?
焦げたものを食べたから? 
家族に誰もがんになった人がいないから私は大丈夫?

いえいえ、そうとも限りません。

これといった原因を特定しにくい大腸がんですが、漢方では次のような要因を考えます。

漢方から考える大腸がんの要因

 1.不適切な食事
 2.ストレス
 3.邪(寒・熱・湿)の侵入
 4.高齢・虚弱体質

ある学説によると、正常な人でも「がん細胞は1日に5000個も発生している」とのこと
でも、人間の体には本来「免疫力」が備わっています。
免疫細胞ががん細胞を攻撃して死滅させているのです。

しかし、何らかの原因で免疫が働かないと、攻撃から逃れたがんが増殖を始めてしまいます
その、免疫力を低下させる原因としてよく挙げられるものが、
漢方で考える要因と一致するように思いませんか?

では、詳しく要因を見ていきましょう。
漢方の考え方なので、一般的な西洋医学の考えと違いますが、読んでみてくださいね

1.不適切な食事

脂っこい食事などの不適切な食事

脾胃の働きが悪くなる
 ※脾胃とは?
主に胃腸と捉えて下さってもよいです。
漢方では栄養分や水分を吸収し、それを気(エネルギー)や血に変えて
体に巡らす器官と考えます。


脾胃が水分をスムーズに吸収できず、「痰湿」が発生
※痰湿…よどんで濁ったもの
※清流はきれいな水がサラサラ流れていますが、澱んだ水は、濁って汚いですよね
体内の水の巡りが悪いせいで、水が澱んで体に溜まってしまう様子をイメージしてください

「痰湿」が「熱」をおびてくる(炎症が起きるイメージ)

良い血も巡らず、瘀血(オケツ)も発生

胃腸の最後の器官「大腸」に
痰(悪い水)、熱毒、瘀血(悪い血)がたまってしまう

大腸がんに

 2.ストレス

ストレスなど精神的負担
↓          ↓
↓    肝の疏泄機能(気を伸びやかに巡らす作用)が悪くなり、
↓    気の巡りが悪くなる
↓   (落ち込んだり、イライラしたり、感情の起伏が大きくなったり)
↓          ↓
↓   脾(胃腸)にも気が良く巡らなくなる
↓          ↓
脾(胃腸)の働きが悪くなる

消化吸収の働きが悪くなる
(食欲不振、消化不良、下痢、軟便など)
※ストレスで、食欲が無くなったり、胃が痛くなったりしますよね。

湿濁汚く濁った湿気発生

大腸に良い血や気が巡らず、湿濁もたまる

大腸がんに

 3.邪(寒・熱・湿)の侵入

寒(寒さ)・熱(暑さ)・湿(湿気)が体に侵入

あちこちの臓器に影響を与える

気や血の巡りが悪くなる
痰湿も発生

血液がドロドロになり、悪いものが大腸に溜まる

大腸がんに

 4.高齢・虚弱体質

高齢・虚弱体質

体の臓器の働きが弱っている

気や血の巡りが悪くなる
痰湿も発生

血液がドロドロになり、悪いものが大腸に溜まる

大腸がんに

 

いろいろな原因から
気が滞ったり、
血がドロドロになって流れが悪くなったり、
水の巡りが悪くなったりして、
「がん」が出来ていくのですね。

次回は、漢方でのがんの対処の仕方を見ていきます。

前へ 
 次へ

 - がん