不妊症のお悩みおまかせください!新海薬局の漢方子宝相談

★山梨県甲府市の漢方薬局★漢方ご相談実績の多い新海薬局★

*

漢方入門

 

中医学は中国で確立された医学なので、現代医学の考え方では理解しにくいかもしれません。

しかし、病気を治したり予防したりするために理論化された学問ですので、少しずつ段階をおって理解を深めてほしいと思います。

中医学は「黄帝内経(こうていだいけい)」という医学書が基礎となっています。

この「黄帝内経(こうていだいけい)」は、中国の伝説の帝王である黄帝と、岐伯・雷公など何人かの学者との問答形式となっていて、「昔のひとは百歳になっても衰えないと聞いたが、今のひとは50歳で衰えてしまうのは何故だろう?」という、黄帝の疑問からはじまる面白い本です。

著作者はいない、というより、複数人という話です。今から2000年以上も前から存在しているとのことです。

 


 

  津液  

 

中医学では、健康の基本は、気(き)・血(けつ)・津液(しんえき)の調和だとしています。

気・血・津液の代謝が円滑に行われており、3つのバランスがとれていれば健康であり、気・血・津液のバランスが崩れると病気へとつながるという考え方をします。

では「気(き)」「血(けつ)」「津液(しんえき)」とは、一体なにでしょう?

 

気とは?

血とは?

津液とは?

 


 

  気虚血虚  

陰陽に基づき、気・血・津液が多すぎる場合と少なすぎる場合があります。

いずれもバランスを崩している状態なので、軽い程度の場合は症状が出て、重くなると病気になります。

 

まず多いのが、気と血の少なすぎるパターンです。

気虚(ききょ)は、気が虚している状態、つまり気が足りない状態のことで、血虚(けっきょ)は、血が虚している状態、つまり血が足りない状態のことで、いずれもからだに不調を起こす原因となります。

気が足りないことが原因で不調であるならば、気を補い、血が足りないことが原因で不調であるならば、血を補い、からだのバランスを整えますが、ひとによって、足りないものがひとつだけではない場合や、他の原因と重なっている場合があります。例えば、気虚&血虚が原因で不調な場合に、気だけを補ってもうまくいかない、ということです。

 

★気虚度をチェック★
項目 check
   手足がだるい
   疲れやすい
   気力がない
   風邪をひきやすい
   食後に眠くなる
   話す言葉に力がない
   息切れする
   汗をかきやすい
   胃腸の調子が悪い
   顔色が悪い
 
★血虚度をチェック★
項目 check
   皮膚につやがない
   めまいがする
   目がかすむ
   月経血が少ない
   手足のしびれ
   髪がパサつき枝毛多い
   不眠
   爪がもろい
   足がつる
   肌が荒れる

 

上のチェック表で、それぞれ4つ以上当てはまる方は気虚もしくは血虚になっている可能性があります。これらはよく同時に表れやすいので、両方に当てはまるケースも少なくありません。

気虚血虚は、さまざまな病気の原因となります。是非一度ご相談ください。

 


 

  お血(おけつ)  

次に多いのはお血(おけつ)です。

お血(おけつ)とは、血の流れが悪くなったり、滞った状態のことをいいます。

お血(おけつ)の三大原因として「ストレス」「偏食」「運動不足」が挙げられます。

下記はお血(おけつ)のチェック表です。項目により、点数が異なります。
当てはまるものにチェックをつけて、合計点数を計算してみましょう。

 

★あなたのお血度は?★
   項目 チェック 点数
   舌の色が暗紫色 10点
   目のまわりにくまがある 10点
   たばこは1日20本以上 10点
   生理不順 10点
   あざが出来やすい 10点
   狭心症の発作を起こしたことがある 10点
   生理痛がある 10点
   頭痛がある 8点
   肩こりがある 8点
   決まったところに痛みがある 8点
   唇や歯肉の色が黒っぽい 6点
   手足のしびれやまひがある 6点
   皮膚につやがなくザラつく 5点
   シミが多い 5点
   手足が冷える 5点
   もの忘れしやすい 5点
合計点数

 

合計点数、20~30点→軽度、31~49点→中、50以上→重度のお血(おけつ)の可能性があります。点数が高い方は、既にからだの不調に気づいていると思います。

早めの対策が大切です。不安な方は、いつでもご相談ください。

 


 

  腎虚(じんきょ)について  

最後に、成長・発育・老化をキーワードとする腎虚の説明をします。

中医学でとは、たんに内臓のひとつを指すのではなく、泌尿器系、ホルモン系、カルシウム代謝、自律神経系、免疫などを含んでいます。つまり、人間のからだを支え、内臓の働きをコントロールする重要な役目を担っているのです。

腎虚とは・・・腎の力が不足し、働きが衰えた状態のことをいいます。

腎虚によって、表れる症状としては、腰痛・倦怠感・頻尿・尿失禁・足腰の無力感・耳鳴り・精力減退・記憶力低下・健忘・自然治癒力・免疫力の低下、などが挙げられます。

は一定の年齢を境に弱まっていくのが自然(老化)ですが、人はいつまでも美しく健康で長生きでありたいと願っているのではないでしょうか。

を充実させて、若さ、美しさを保つことは、決して贅沢な願いではありません。是非一度ご相談下さい。

 

血液いきいき

 

 

 

  PickUp♪

no image
新年も体作りから

新年明けましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 …

no image
恋愛漢方その4

前回までで、女性のタイプ・男性のタイプが、それぞれ何かがわかったかと思います。 …

no image
「血」を補い、輝く健康的な肌に!

ゴールデンウィークの後半ももうすぐですね 天気も良く、外出にはもってこいです で …

no image
「アキレス腱」のことをなぜ「アキレス腱」などというのか?

「漢方ファンのページ」より アキレス腱というのは、周知のように足のかかと、ふくら …

no image
漢方で男性不妊を考える

不妊治療というと、女性ばかりが受けているようなイメージがありませんか? 確かに、 …

no image
秋の不調…風邪などひいていませんか

木々も紅や黄に衣替えを始め、澄んだ空気の中、気持ちの良い秋を迎えています。 しか …

no image
夏の臓器「心(しん)」

今年の梅雨入りはとても早かったのに、長い間雨の降らない日が続きましたね。 ようや …

no image
生薬の値上がり

価格高騰 ここ最近原油価格が高騰しています。 原油価格があがると、「ガソリンの値 …

no image
ストレスと漢方

ストレスを受けやすい日本人。 でも日本人らしい性格も良いと思って、明るく毎日を過 …

no image
爪で分かる体の状態

爪に気を使う方が多くなり、最近はネイルアートショップもあちこちで見かけるようにな …