不妊症のお悩みおまかせください!新海薬局の漢方子宝相談

★山梨県甲府市の漢方薬局★漢方ご相談実績の多い新海薬局★

*

そろそろ花粉症対策をはじめましょう

      2013/11/06

            

今年の冬は例年にまして寒さが厳しい気がしませんかp2_nohohon.gif

ここ甲府でも連日最低気温は氷点下ga-n03.gifとなっています。朝晩の冷え込みが激しく、そこに少し風でも吹こうものなら一層寒さがこたえます。寒い上に、雨や雪もほとんど降らないので、乾燥した空気の中、体調を崩す人もふえています。

また、学校が始まり子どもたちが集団で生活するため、インフルエンザも流行ってきており、学級閉鎖、学年閉鎖などというニュースも良く聞かれます。 kaeru02.gif

インフルエンザ、ノロ、かぜ対策のため、うがい、手洗いは忘れずに
また、
マスクも付けるようにしましょうsign01.gif 
この寒い中、風邪なんかひきたくありませんよねbye03.gif

ところが、今日から土曜あたりまで寒さが一休みするとのこと。今日は日中3月上旬の気温となるそうで、ほっと一息つけそうですkaeru04.gif

flair.gif でも、すぐそこまで「花粉の嵐」bikkuri01.gifが迫っているのを忘れないでsign03.gif

 ご存知の方も多いと思いますが、花粉(特にスギ・ヒノキ)の飛ぶ量は前年の夏の気象条件に左右されます
一般に気温が高く、日照時間が多く、雨の少ないは花芽が多く作られ、翌春の花粉の飛散数は多くなります。

「昨年の夏は?」というと、まさにこの条件にぴったり! 今年は花粉が多く飛びそうです。

日本気象協会の発表によると、今年は例年に比べ、花粉の飛ぶ量は約1.5倍
昨シーズンに比べると九州地方で少ないほかは、全般に多く、関東・東北地方と北海道は3~7倍sign01.gifになる見込みです。

1点少し良い知らせがあります。
冬の寒さのため、飛散開始時期は少し遅れるとのことで、関東あたりでは2月の中旬ごろになるそうです。

aicon339.gifもうすぐ2月。飛散開始時期はまだでも、花粉は全くゼロではありません。
早めに花粉に備えましょう。

 sk_un.gifこんな方は特に早めの対策を

 

「肺」の元気が足りない人

…身体の防衛力(バリア)を全身にはりめぐらせる働きが弱まっています

club.gif こんな症状に注意

 息切れがする、かぜをひきやすい、
 汗が出やすい、顔色が白い、呼吸器系が弱い、
 舌が腫れぼったい

hana08.gif 食の養生
 「肺」に栄養を与え、働きをよくする食材がおすすめです
 白きくらげ、百合根、蜂蜜、豚足、鶏手羽

clover.gif おすすめ漢方

 衛益顆粒、八仙丸、双料参茸丸 など

 

 脾胃(胃腸)の元気が足りない人

…身体の防衛力を生みだす元となる栄養をうまく取り込めません

club.gif こんな症状に注意

 倦怠感・胃もたれ・お腹が張る
 食欲不振、軟便、顔色が黄色い、

 手足が冷える、
 舌の苔が多い

hana08.gif 食の養生
 「脾胃」を丈夫にし、元気をつける食材がおすすめです
 米、大豆製品(豆腐、湯葉、豆乳など)、イシモチ、インゲン豆、ナツメ、りんごなど

clover.gif おすすめ漢方

 健胃顆粒、健脾散、補中丸 など
 

house02.gif 毎日の暮らしも見直しましょう。

hana01.gif 睡眠時間をたっぷりと。(夜更かしはだめ)
hana01.gif 朝起きて、朝の太陽の下で、体いっぱい深呼吸し、太陽の元気をもらいましょう。
hana01.gif 
辛い・脂っこい・甘いものは控えめに。
hana01.gif 新鮮な野菜をたっぷりと(温野菜がおすすめです)
 

bye03.gif 花粉やウィルスに負けない身体をめざしましょう!

前へ 
 次へ

 - 花粉症