不妊症のお悩みおまかせください!新海薬局の漢方子宝相談

★山梨県甲府市の漢方薬局★漢方ご相談実績の多い新海薬局★

*

「板藍のど飴」 試してみませんか?

      2013/11/06

            

school.gif 受験シーズン真っ盛り! pencil.gif
いつも思うのですが、この受験シーズンは
かぜやインフルエンザが流行る時期coldsweats01.gifですよね。
受験生や受験生の家族は体調管理にも気を使わなくてはならず、とても大変です。

特に、今は受験を控えて追い込みの時期。
夜遅くまで勉強して、睡眠時間が足りなかったり、精神的にもきつくストレスがたまったり、体にとっては万全とは言えない状況でしょう。
sk_uun.gif

そんなときにおすすめなのが、「板藍茶」「板藍のど飴」shine.gif

抗ウィルス作用、抗菌作用を持つほか、消炎解毒作用、免疫増強作用まであるんですよheart04.gif

 aicon339.gifウィルスに効く薬というのはほんとに数えるほどしかありません。
良く知られているのが近年開発されたインフルエンザの薬。他にはほんの少し。ウィルスに対抗する薬を開発するのは大変なのです。
また、知らない方も多いかもしれませんが、抗生物質というのは、細菌には効いてもウィルスには効かないのです。

でも、中国4千年の歴史の中、ウィルスにも細菌にも効果のある植物が見つけられ、普通に使われてきていたのです。icon_biggrin.gif
それが、板藍根です。

 「板藍根」はアブラナ科の1年草「ホソバタイセイ」(菘藍)の根のことです。

「藍」という漢字からもわかるように、この植物の葉は藍染の染料として使われてきました。

日本でも藍染の歴史は古く、奈良・平安時代にさかのぼるそうです。
木綿が広く庶民に普及した江戸時代には、武士が鎧の下につける下着や、農民の野良着やモンペなどにも藍染が広く使われました。

「藍染」には切り傷や虫さされから身を守り、毒グモや毒へびなどが近寄らない効用があることを、経験から分かっていたのでしょうね。

もともとは植物が自分を守るための生体防御の為に持っている成分を有効利用したのです。
先人の知恵とはすごいですねwebclap.gif

 

この板藍根が入っているのが、「板藍茶」「板藍のど飴」です。

heart_2.gif板藍のど飴は携帯に便利です。
  ちょっと乾燥している時、喉がいがらっぽい時などにおすすめです。

heart_2.gif板藍茶はお湯に溶かし、喉によくまわるようにうがいしながら、そのままゴックン。
  風邪やインフルエンザ予防には、いつも飲んでいると良いでしょう。

小さなお子さんからお年寄りまで使えるので、本当に便利ですよbye03.gif
また、眠くなる成分も入っていないので、受験生にもおすすめですhiyoko05.gif

 お試しサイズからありますので、まずは試してみませんか?

 

p2_wink.gifHPをご覧になってくださっている方に、お得なお知らせ。

「板藍のど飴」のサンプルを用意しています。
「新海薬局のHPを見た」とおっしゃってください。
 

数に限りがありますので、お早めに。

前へ 
 次へ

 - 風邪