不妊症のお悩みおまかせください!新海薬局の漢方子宝相談

★山梨県甲府市の漢方薬局★漢方ご相談実績の多い新海薬局★

*

血管力をつけるには

      2013/11/06

            

前回「血管力」の話が出ましたが、「血管力をつけるにはどうやったらいいの?」と思いませんか?

血管力をつけるには、まずは生活習慣、食生活の見直しから。

?血管なんて、身体の中にあって、目に見える訳でもなく、感覚があるわけでもなく、ついついおろそかにしてしまいがちです。年齢を重ね、症状が出てから慌てるのではなく、まだ健康(かと思われる)な今のうちから血管力を高める生活習慣・食習慣を身につけましょう。

                   leaf_a.gif? leaf_a.gif leaf_a.gif leaf_a.gif leaf_a.gif

1.食事

  ・食べすぎない、飲みすぎない(腹八分目を)

  ・規則正しく、なるべく定時に食事をとる

  ・夜遅くに食べない

  ・体を冷やすものを食べない、飲まない

  ・タンパク質を多くとる

   (ぎんさんの娘さん達もしっかりタンパク質をとっていましたね)

   club.gif 参考

   三大栄養素の推奨バランス ・・・ 炭水化物 60%、タンパク質15%、脂質25%

   ぎんさん一家のゴールデンバランス・・・ 炭水化物 60%、タンパク質20%、脂質20%

   crown.gif おすすめ食材…チーズ、手羽先、大豆製品 など

2.生活

  ・体に備わっている「生物時計」のリズムにあった生活を

   (夜10時から11時の間に床に入るのが理想)

  ・適度な睡眠時間を守る

   (4時間未満では死亡率が上がり、10時間以上では心筋梗塞や脳梗塞にかかりやすい
    などのデータもあるそうです。)

3.運動 aicon339.gif

 ・体を動かすことで、血液循環も良くなります。適度な運動を心がけましょう。

  ウォーキングがおすすめです。

  (運動後の脈拍が運動前よりプラス20前後となるような運動が最適とされています。)

  先日のTVの説明でもあったように、

  「全身の筋肉には無数の毛細血管が走っており、筋肉が衰えると血管周りの筋肉の収縮性
   がなくなる為、血液を流すには心臓が拍動数を増やさなければならない。
   ところが筋肉が若いとそれ自体が収縮し血管を広げるため、心臓の負担が少なくてすむ」

  とのことです。

  また、ウォーキングをするにしても、ただ歩くのではなく、
  「今日は花を観賞しよう」、
  「季節の果物をみつけよう」などと、
  楽しみや目標をもって歩くと脳にも良い刺激になるそうです

4.精神面 

 病は気からともいいます。
 現在はストレス社会とも言われ、何らかのストレスにさらされています。

 ・気分転換になるような趣味をさがす

 ・意識して笑うように努める smile.gif

 など心がけましょう

5.嗜好品

 タバコsmoking.gif、アルコールは出来る限り控えましょうbye03.gif

tenki_niji.gif

kaeru04.gif おすすめ漢方

 冠元顆粒…血をサラサラにし、きれいな血を体に巡らせてくれます。

 田七人参…血液をきれいにし、血の流れを良くする「活血(かっけつ)」と、出血した際に
         速やかに止血する「止血」の、相反する2つの性質をもっています

 そのほか、
 ? 老化防止には補腎薬
  ストレスや心臓疾患予防などには午黄清心丸、
  元気不足体質の方には麦味参顆粒  などを併用するとよいでしょう。

※? 具体的な使用については漢方の専門家に相談してからのんでください。

健康で毎日を過ごせるためにも頑張りましょうkaeru06.gif

前へ 
 次へ

 - 生活習慣病