不妊症のお悩みおまかせください!新海薬局の漢方子宝相談

★山梨県甲府市の漢方薬局★漢方ご相談実績の多い新海薬局★

*

「冷えと不妊」

   

            

昨日、今日と冷え込んで、真冬のような寒さです。ga-n03.gif
ここ甲府では、昨日の最低気温は1度。霜が降りたり、水が凍ったりしたところもありました。
北日本ではもう雪が降っているとのことb-yuki.gif
つい1ヶ月前には30℃を超える日があり、真夏tenki_sun.gifのようだといっていたのが嘘のようです。

この急激な気温の変化により体調を崩す人が増えています。
家でも子どもたちがのどをやられました・・・。
「ものを飲み込むのも痛い」と言うほどだったのですが、早速「板藍茶」を飲ませたところ、のども楽になったそうです。
「板藍茶」は漢方のお茶です。家では風邪にはまず「板藍茶」。皆で愛飲しています。

これについてはまたご紹介しますね。
kaeru04.gif

 

 さて、今日のテーマは「冷えと不妊」

ここ2,3日で急激に冷え込んだため、気温の変化に体がついていけずに、よけい寒さがこたえますga-n03.gif
特に、「冷え性」の女性にとってはとってもつらい時期ですよね
p2_nohohon.gif

「私、冷えるんです」と言って医者にかかる人はまずいないかと思います。
つい、「冬だから」、「冷え症だから」、「年だから」などと、そのままにしてしまう方が多いかと思いますが、漢方では「冷え」は健康の大敵!
女性にとっては、妊娠・出産にも大きな影響をおよぼす、大変なことなのです。

体が冷える
right_y.gif血管が収縮
right_y.gif血液の流れが悪くなる
right_y.gif血液は栄養や酸素を体のすみずみに運ぶ役目が充分に果たせなくなる

ということは、
子宮や卵巣の血行も悪くなり、卵巣や子宮のパワーが低下してしまうことに!! ga-n01.gif

卵巣:卵巣のパワーは血流量で決まると言われています。
    冷えると、血行が悪くなり、卵子を育てる力が低下してしまうのです。

子宮:さらに深刻な影響を受けるのは子宮
    血流が悪いと、子宮内膜の質が悪くなり、受精卵を育てられる状態になりません。
    着床しにくくなったり、流産したりすることも考えられます。

mama.gif  冷えの悪影響は、西洋医学の検査結果には現れないような微妙な変化ですが、
漢方では昔から重視してきました。
子どもが出来ない人の冷えは、全身よりも骨盤内が冷えていることが多く、自覚しにくく、温めにくいのが問題です。

aicon339.gif こんな人は冷えで妊娠力が低下down.gif気味

heart_4.gif 基礎体温の低温期が36℃を下回る
  低温期が36℃ぎりぎりかそれ以下の人は、体が冷えて血行が悪くなっています。
  特に心配なのが、冷えの自覚はないのに、体温が低い人。
  骨盤の中だけ冷えている可能性があります。

heart_4.gif 基礎体温の高温期が短い
  生理周期が28日の場合、高温期が14日ほど続くのが理想です。

  でも、36.7℃を超える高温期が10日未満と短い人は、体温を上げる力が衰えて
体温の低い状態が続いているということ。
基礎体温全体が低体温になっている可能性もあります。

heart_4.gif 経血が黒っぽく、かたまりがある
冷えで血行が悪くなると、経血もスムーズに子宮から排出されなくなります。
そうなると、古い血液が黒ずんだり、かたまりやすくなったりします。

heart_4.gif 腰からお尻にかけてスースーと寒い
卵巣や子宮が冷えてくると、お腹や腰に寒気を感じやすくなります。
自覚しやすいのは、お腹より脂肪がつきにくい背中側。
腰とおしりの間が寒く感じられるような人は、骨盤が冷えている可能性があります。

heart_4.gif 太ももの内側が冷える
漢方では太ももの内側には、女性の生殖機能と関係の深い「エネルギーの通り道」
があると考えられています。
骨盤内が冷えている人は、太ももに冷えを感じやすく、特に生理中に強く感じます。

heart_4.gif 生理のときに温めると楽になる
生理のときに温めると楽になったり、冷えると生理痛をよけい感じたりするのは、
骨盤内の血行が悪い証拠。
冷えにより卵巣や子宮の働きが低下しているため、痛みが強まるのです。


sk_moji.gif 冷えによる不妊を防ぐには?

生活

体をしっかり温めることはもちろん、普段の生活から体を冷やすようなことをとりのぞいていきましょう。

 ● ミニスカート、腰の位置が低いローライズのパンツなどは避ける。
   (ファッションよりも自分の体のことを考えて!)
 ● アイスクリームやビールなど冷たい飲食物は避ける。

   (夏でもなるべく冷えたものは控えましょう)
 ● タバコを止める(喫煙は血行を悪くします)
 ● コーヒーなどカフェインが含まれる飲料も体を冷やすので避ける
 ● 睡眠を十分取る
 ● 適度な運動を心がけ、血行を良くする
 ● ストレス発散する

  出来るだけ規則正しいリラックスした生活を心がけましょう bye03.gif

carrot02.gifおすすめ食材

「血」を補い、めぐりをよくする食材を摂るようにしましょう
ラム肉、鶏肉、レバー、ほうれん草、にんじん、プルーン、干しブドウ、
黒砂糖、黒豆、ネギ、生姜、カボチャ、ニンニク、にら など

heart_2.gif また、スープや炒めものなど、熱を加えた温かいものを食べることも大切です。
heart_2.gif 生野菜は体を冷やすので、生野菜のサラダの摂りすぎに注意。出来たら温野菜にしてね。

club.gif おすすめ漢方 club.gif

 婦宝当帰膠、 補中益気湯、 冠元顆粒、 温経湯、 参茸補血丸、 逍遥丸 など

※ 症状や体質は一人一人異なりますので、漢方の専門家にご相談してからのんでください。

前へ 
 次へ

 - その他の症状, ストレス, 不妊でお悩みの方へ, 女性の悩み