不妊症のお悩みおまかせください!新海薬局の漢方子宝相談

★山梨県甲府市の漢方薬局★漢方ご相談実績の多い新海薬局★

*

インフルエンザの基礎知識

   

            

shinkaiyakkyokuインフルエンザshinkaiyakkyokuが猛威をふるっています。
つい先日は長野でインフルエンザの院内感染があり、死者も出たとのことshinkaiyakkyoku
shinkaiyakkyoku
このようなニュースを聞くと、咳をしている人を見ると避けたり、マスクを買い込んだり、空気清浄機を購入しようかと考えたり、インフルエンザに良いと評判のヨーグルトを買ってみたり、shinkaiyakkyoku
とあわてて反応する人も多いようです。

もちろん予防も大切ですが、まずはインフルエンザについて正しい知識を持ちましょう
 

cheeky 風邪とインフルエンザの違い

 《主な症状》
       風邪  : のど、鼻の症状(のどの痛み、咳、くしゃみ、鼻水、鼻詰まりなど)が中心
   
インフルエンザ : 全身症状
              咳、のどの痛み、鼻水、
              全身倦怠感、関節の痛み、筋肉の痛み、頭痛 など
 
《発熱》 
       
風邪  : 37~38度 (発熱しないこともある)
   
インフルエンザ : 38度以上の高熱

 《症状の進行》
       風邪  : 緩やかに症状が現れ、変化していく
   
インフルエンザ : 急激に症状が進行

shinkaiyakkyoku
このように風邪とは違い、インフルエンザは「具合が悪い」と感じてから
一気に発熱し高熱になります。
また全身倦怠感、食欲不振、関節痛、筋肉痛などの「全身症状」が強く現れます
その上、インフルエンザは、肺炎や脳炎(インフルエンザ脳炎)などの合併症を引き起こすことがあるので注意が必要です。

症状の進行が早かった、こんな例もあります。
shinkaiyakkyoku 

 ある小学生。
 朝普通に登校したのに、お昼近くに具合が悪くなり、熱を測ったら37度ほど。
 インフルエンザも流行っていたので、おうちの人に連絡して迎えに来てもらうことに。
 しばらくしておうちの人が迎えに来た時にはひどくぐったりして、熱は38度台に。
 その後医療機関を受診した時には39度以上になっていたそうです。

shinkaiyakkyoku
 ただし、ワクチンを接種していると症状がひどくならず、それ程高熱にならないこともありますので、
 インフルエンザかなと思ったら医療機関を受診しましょう。


cheeky インフルエンザの進行状況

 インフルエンザウイルスに感染shinkaiyakkyoku

    約1~3日の潜伏期間

 インフルエンザを発症 shinkaiyakkyoku

     突然の38℃以上の「高熱」や全身倦怠感、食欲不振、関節筋肉痛などの「全身症状」
 ↓
   高熱は
約1日~3日続く

  熱は下がっても他の症状がshinkaiyakkyoku

     やや遅れて、咳(せき)やのどの痛み、鼻水などの「呼吸器症状」が現れる
     腰痛

     悪心(吐き気)などの「消化器症状」を訴えることもある
     これらの症状が
約1週間続く

発症から10日前後かかって治癒していく

 

cheeky インフルエンザの治療

  1.判定

     医療機関を受診してインフルエンザか検査します。
    インフルエンザの簡易検査キットですぐに検査できます。

    鼻に綿棒を入れて粘液を採取して、8~15分で検査結果がでます。

  devil ただし、発症後すぐは検体の中にあるインフルエンザウイルスの量が少ないために、
     感染していても陰性になる場合があります。

     発症後12~24時間たっていた方が正しく判定できるようです。

 2. 薬での治療

    薬は主に2種類…抗インフルエンザウイルス薬と、症状を和らげるための薬

   A.抗インフルエンザウイルス薬

   インフルエンザウイルスは増殖のスピードが速いため、症状が出現して48時間以内
   ウイルスの増殖のピークがくるそうです。
   「発症後48時間以内に服用しないといけない」と言われるのはこのため。
   抗インフルエンザウイルス薬は、ウイルスを殺すわけではなく、
ウイルスの増殖を抑えるお薬なので、
   
発症後できるだけ早く服用を開始することが必要です

  shinkaiyakkyoku
     ちょっと待ってyes
     検査結果はすぐ出ないし、薬は早くのまないと効果が出ないyes 
     どうしたらいいの?

   shinkaiyakkyoku
      
「発症後24時間後~48時間までの間に検査を受けるのが良い」とも言われていますが、
      症状が出てつらい時には早めに医療機関を受診してドクターの指示に従いましょう
shinkaiyakkyoku

   B.症状を和らげるための薬
     高熱の場合には解熱鎮痛薬(熱を下げるお薬)や
     細菌の二次感染が疑われる場合には、抗菌薬(細菌を殺すお薬)などを使うことがあります。

 3.自宅での養生
    安静にして休養をとり、特に睡眠を十分にとる
   
 高い熱が出て、脱水症状になりやすいので、水分補給をこまめにする
    周りの人に感染させないためにも、マスクを着用
   
 熱が下がっても人ごみや繁華街への外出を控え、無理して学校や職場などに行かない

 

kiss 熱が下がってからの注意

  抗インフルエンザ薬をのんで熱が下がっても、体内のウイルスがすぐにいなくなるわけではありません! 
  「症状が改善したから…」といってお薬の服用を途中でやめることで、体内に残っているウイルスが
  
周りの人に感染する可能性があります。
  熱が下がったあとも、お薬はきちんと使い切り、最低2~3日間は自宅で安静にして過ごしましょう。


cheeky 予防

 今は薬があるとはいえ、インフルエンザにはかかりたくないもの。
 日頃から予防に努めましょうshinkaiyakkyoku

 ○ 外出時はマスクを着用
 
○ 家に帰ったら手洗い・うがい
 
○ 睡眠を十分にとり、食事にも気をつける
 
○ なるべく人ごみを避ける
 

shinkaiyakkyoku
また、抗菌・抗ウイルス作用のある
板藍茶・板藍のど飴もおすすめです。
この時期は家庭に常備しておくと良いですよ
shinkaiyakkyoku

こちらも見てね ⇒ 板藍根

前へ 
 次へ

 - その他の症状