不妊症のお悩みおまかせください!新海薬局の漢方子宝相談

★山梨県甲府市の漢方薬局★漢方ご相談実績の多い新海薬局★

*

ドライマウスを改善したい

   

            

最近ドライマウスの方は増えているようですね。
薬局にも「舌が痛い」「舌が渇く」という方がみえます。

さて、「舌が痛い」という場合によくあるのが「カンジダ症」です。

shinkaiyakkyoku 「カンジダ症」

カンジダ菌という真菌が異常繁殖して、舌がピリピリと痛くなったり、口の角が切れたりする病気です。

カンジダ菌は普段人間の体に常在していて、口の中にもいる菌です。
しかし体の免疫力が低下すると増殖してしまいますshinkaiyakkyoku

通常は免疫力が回復すると自然に治るのですが、ドライマウスの時は治りが悪くなります。

前回のブログでも書いたように、唾液には抗菌作用や浄化作用があり、口の中の細菌を必要以上に増やさず、ちょうど良い状態でバランスを保ってくれています。
しかし、唾液が不足すると、カンジダ菌などの細菌が増殖してしまうのです。

特に舌の上は、
 絨毯の目のようになっているので食べ物のカスがたまりやすい
● 適温なので細菌が住みつきやすい
ということもあり、細菌が特に増えやすいのです。

shinkaiyakkyoku「ドライマウス」のため口の中の菌が増殖すると
       shinkaiyakkyoku

● 「口臭がきつくなる」ことがあります

● また、高齢者などに多いのが「誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)」です。
  年をとると舌などの口の中の筋肉が衰え、食べ物を飲み込む時、食道ではなく気道に
  入ってしまうことがあります。
  その時、口の中に細菌が多いと、細菌まで入ってしまうことになり、
  肺に炎症が起きやすくなるのです。

shinkaiyakkyoku単に唾液が少ないだけでなく、日常生活に弊害が出たり、死にいたる肺炎にかかる可能性まである「ドライマウス」、改善したいですよね。

shinkaiyakkyokuまず、こんなことから試してみましょう。

shinkaiyakkyoku ドライマウス改善法 shinkaiyakkyoku

shinkaiyakkyoku 毎日の生活の中で出来ること

よく噛んで食べる 
口の中が痛いからと柔らかいもの、噛まないものばかり食べていては、だ液の分泌量がますます減ってしまいます。しっかり噛んで、筋肉を動かし、だ液腺を刺激しましょう。

リラックスする 
ストレスで緊張が高まると、だ液の分泌量が減少します。
一日の中でリラックスできる時間をとりましょう。

規則正しい生活 
食事や睡眠が不規則になると自律神経のバランスが崩れ、だ液の分泌にも影響します。早寝早起きを心がけましょう。

shinkaiyakkyoku マッサージ…唾液線を刺激してみましょう

耳下腺(じかせん) 耳たぶの下で、ほお骨のでっぱりの下
顎下腺(がっかせん)下あごの左右の骨の内側

舌下腺(ぜっかせん) 舌の真下

痛くない程度の力で、指で押してみましょう。
唾液がじわっと出てきたことが感じられればOKです。

shinkaiyakkyoku 口の周りの筋肉のトレーニング

口を動かす
口を大きく動かしながら「あ、い、う、え、お」の口の形をしてみましょう

舌を動かす
舌を上下左右に動かしてみましょう

shinkaiyakkyoku 乾燥に気をつけましょう

冬は乾燥しているうえ、暖房器具を使うので余計空気が乾燥してしまいます。
加湿器を使うなどして、工夫しましょう。
また、夜エアコンをつけたままにしたり、電気毛布を使って寝たりしていると、体が乾燥してしまいます。「湯たんぽ」を使うなどして工夫してみましょう。


cheeky 漢方薬もおすすめ cheeky

体に潤いを与えたり、体の免疫を高めたりしながら、体の調子を整えていきます。
ぜひ、漢方の専門家にお問い合わせください
shinkaiyakkyoku

前へ 
 次へ

 - その他の症状