不妊症のお悩みおまかせください!新海薬局の漢方子宝相談

★山梨県甲府市の漢方薬局★漢方ご相談実績の多い新海薬局★

*

今日は七草がゆ…胃腸を大切に

      2015/01/09

            

 shinkaiyakkyoku
新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


さて、今日は1月7日、「七草がゆ」の日ですね。
年末年始、美味しいものをたくさん食べたり飲んだりして、胃腸はお疲れ気味。
ちょうど「おかゆ」が胃に優しくて良いですねshinkaiyakkyoku

Q: 七草がゆには「春の七草」を入れますが、「春の七草」ってどんなものか知っていますか?shinkaiyakkyoku
A: セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロの七つです。

shinkaiyakkyoku「セリ」は知っているけれど、他は何?

shinkaiyakkyokuナズナはぺんぺん草、
     ゴギョウはキク科のハハコグサ(母子草・黄色い花をつけます)、
     ハコベラはナデシコ科のハコベ、
     ホトケノザはキク科のコオニタビラコ(小鬼田平子・あぜ道によく生えている)、
     スズナはカブ(蕪)、
     スズシロは大根

shinkaiyakkyoku蕪も大根も入っているのね!

 

cheeky 「食べる」ことは健康の基本 cheeky  

新年にあたり、「今年1年健康に過ごせますようにshinkaiyakkyoku」と祈願した方も多いかと思います。

でも、忘れている方も多いようですが、健康のためには毎日の生活がとても大切ですし、
「正しく食べること」が健康の基本となるのです。

shinkaiyakkyoku漢方では「脾胃」(胃腸)は
  ● 食事から栄養を吸収し、
  ● 生命活動の基本となる「気・血(ケツ)」を生みだす大切な役割を担っている
  と考えます。

「脾胃」が元気shinkaiyakkyokuで、栄養をしっかりとることが出来れば
  ⇒基本的な体力、免疫力が養われ、健康な体でいられます。

でも、「脾胃」が弱るshinkaiyakkyokuと、
  ⇒食欲不振、消化不良、下痢などになりやすくなるだけでなく、
  ⇒栄養やエネルギーが不足し、抵抗力が落ちて病に打ち勝つ力が低下してしまいます。

今はかぜ、インフルエンザ、ノロなどが流行る時期です。
特に注意が必要ですね。

shinkaiyakkyoku 何かあれば医者に行ったり薬に頼ってしまったりしがちですが、その前にまず、
毎日の生活を見直し、「病」にかからない身体をつくるよう心がけていきましょう。shinkaiyakkyoku

 

shinkaiyakkyoku胃腸も疲れているようだし、今日は七草がゆを食べようかな。
    でも、「おかゆ」ってあまり好きじゃないんだけど…。

shinkaiyakkyokuそんな方には以前にご紹介したスープはいかがでしょう。

kiss 養生スープ kiss 

   … 皮膚表面の抵抗力を高め、体を芯から温めてくれます …

《作り方

1.鶏がらと、皮付きの人参、玉ねぎ、太葱等をお湯に入れ、ぐつぐつ煮込み、鶏がらスープを作る。

2.大根、じゃがいも、ごぼう、里芋、きのこなど、お好みの具材を加え、さらに煮込む。

3.生姜、棗(なつめ)茶を適量加える

4.塩、しょうゆ、コンソメなどで、お好みの味に整えて出来上がり。

   shinkaiyakkyoku 体はぽかぽか、お肌もツルツルに


次のメニューも身体を温めるのでおすすめです。

kiss ”ん”野菜のトマト煮 kiss

   … 血行をよくし、パワーを補う …

《材料》
人参 100g、 大根 100g、 かぼちゃ 100g、 レンコン 100g、 ごぼう 100g、さつまいも 100g、 エリンギ 2 個、 玉ねぎ 1個、にんにく 1片 ブロッコリー 1/2株、 オリーブ油 大さじ2、 トマト水煮缶 1缶(400g)、 固形スープの素 2個

《作り方
1.人参、大根、かぼちゃ、レンコン、ごぼう、さつまいも、エリンギ、玉ねぎを、5mm厚さのいちょう切りか1cm角に切る。にんにくは薄切り。ブロッコリーは小房に分けて色よく茹でる。

2.厚手の鍋ににんにくとオリーブ油を入れて弱火で熱し、香りが出てきたら火を強めて1.の野菜を加えてよく炒め合わせる。

3.2にトマトの水煮缶と固形スープの素をくずしながら加え、沸騰したら弱火にして蓋をし、15分ほど煮る。食べる前に茹でておいたブロッコリーをちらす。

《アレンジ》
冷蔵庫で保存すると3から4日は持ちます。
トマト、にんにく、玉ねぎ以外の野菜は、旬のものを色々変えても作れます。

《効用》」のつくもの、なんきん(かぼちゃ)、大根、人参、れんこん、みかんなどは薬膳の材料としてもよく使われ、様々な効能を持っています。

この『"ん"野菜のトマト煮』は、
血液サラサラ作用・・・トマトや玉ねぎ、にんにく
大地のパワーを取り込む・・・根菜類
健脾益気・・・かぼちゃ
抵抗力アップ・・・きのこ
を使っています。
食物繊維もたっぷりで、便通改善にも効果有り
shinkaiyakkyoku

shinkaiyakkyoku美味しくて身体に良いものを作って食べて、この一年を元気に過ごしましょう!

前へ 
 次へ

 - その他の症状