不妊症のお悩みおまかせください!新海薬局の漢方子宝相談

★山梨県甲府市の漢方薬局★漢方ご相談実績の多い新海薬局★

*

体の夏対策を始めましょう

   

            

shinkaiyakkyokushinkaiyakkyoku夏至を過ぎたばかりで、日が長いですね。
今週には沖縄が梅雨明けしそうだとのこと。
ご存知でしたか?shinkaiyakkyoku
沖縄で梅雨が明けるshinkaiyakkyokuと、本州で梅雨が本格化shinkaiyakkyokuするそうです。

「沖縄で梅雨が明け、沖縄にまで夏の太平洋高気圧が来る。
その太平洋高気圧に、梅雨前線が北へ押し上げられて、本州付近に落ち着く。」

ということだそうです。
さあ、今週末は梅雨らしい雨が降るでしょうか?

7月に入ると梅雨明けの話題が盛んになり、気温も上がってきます。shinkaiyakkyoku
この時期はまだ体が暑さに慣れないこともあり、熱中症にかかる方も多くなるので要注意ですyes
まだそれ程暑くないからといって油断せず、本格的な暑さに今から備えていきましょう。shinkaiyakkyoku

夏は「心(しん)」を守ろう!

夏は「血」の巡りが盛んになり、五臓の「心(しん)」が活発に働く季節です。
でも、「活発に働く」ということはそれだけ「心」にかかる負担も大きくなるということ。

  bud.gif 「心(しん)」ってなに?
   西洋医学の心臓とは違います。おもに2つの働きがあります。

   1. 血を全身に運び出す働き
   2. 精神状態を安定させる働き

   1は心臓と同じような働きなので分かりやすいかと思います。
   2はうれしい時などに「心が踊る」と言いますよね。
     日本語では、精神と同じような意味で「心」という漢字を使っています。
     この場合の「心(こころ)」と同じような意味としてとらえると分かりやすいかと思います。

あなたの「心」はお疲れモードになっていませんか?smiley

また、暑さで大量の汗shinkaiyakkyokuをかくと
⇒体内の「水分」や「気(エネルギー)」を消耗し、
⇒血が濃縮してドロドロになったり、エネルギー不足になったりして
さらに「心」の疲労をまねくこともあります。
shinkaiyakkyoku

 

このように、夏は「心」に負担がかかるため、「心」関係の不調が起こりやすくなります。
□ 動悸、息切れ、不整脈、疲労感
  などありませんか。

また「心」の働きが弱くなると、脳に十分な血(栄養)が送られず、
□ 意識がもうろうとする、頭がぼーっとする
  といった症状が現れることもあります。

devil高血圧や狭心症、動脈硬化症などの生活習慣病がある人は、特に意識して「心をまもる」事をこころがけましょう。


もう一つ、夏を元気に過ごすために大事なこと
            shinkaiyakkyoku

体内の「熱」と「湿(余分な水分やよごれ)」を上手に取り除く

体に余分な熱がこもると、
⇒ 熱中症の原因となったり、イライラしたりや不眠になったりします。
⇒ そのため、体力を消耗したり、精神的に疲れたりして、疲労感、だるさがひどくなってしまいます。

また、「湿」が溜まると、
⇒ 胃腸の働きが低下するため、
⇒ 食欲不振になったり、消化不良を起こしたりし
⇒ 「夏バテ」にshinkaiyakkyoku

 暑いからと言って、冷たいものばかりで済ましたり、偏った食事になったりしないように気をつけましょう。shinkaiyakkyoku

cheeky 毎日の生活で気をつけること cheeky

shinkaiyakkyoku 生活面
● 体が消耗しないよう、睡眠を十分にとる
● 家事やスポーツは朝夕の涼しい時間を活用する
● シャワーでなく、お風呂に浸かる
  (疲労回復、血行促進に効果的)

shinkaiyakkyoku食事面
● 食事は温かいものを。生ものや冷たいものは控えめに
● 旬のものを中心に、バランスの取れた食生活を心がける
● 潤いの多い食材を取り入れる (食材からも水分補給)
● のみものは常温以上のお茶がおすすめ
● 冷たい飲み物を一気に飲んだり、水分をとり過ぎたりしないよう注意
   (胃腸の働きが悪くなってしまいます)

漢方的な対策は? shinkaiyakkyoku 次回のお楽しみ shinkaiyakkyoku

前へ 
 次へ

 - その他の症状