不妊症のお悩みおまかせください!新海薬局の漢方子宝相談

★山梨県甲府市の漢方薬局★漢方ご相談実績の多い新海薬局★

*

教えて、夏対策。

   

            

shinkaiyakkyokuじめじめした暑さのせいか、体のだるさをうったえる方も多いです。
食事や睡眠にはいつも以上に気を配り、夏を元気に過ごしましょう。

夏対策

その1 「心」を守る

そのために必要なこと
 1 「気」と「水分」を補給
  2 「サラサラ血」にする

shinkaiyakkyoku 詳しく見ていきましょう

 1 「気」と「水分」を補給

汗をかくと、体内の「水分」と一緒に体内の「気(エネルギー)」も出ていってしまいます。smiley
(サウナなどで汗をかいた後、疲労感を感じたりすることはありませんか?)
特に
enlightenedは汗をかきやすく、体内の「水分」や「気」が不足down.gifしがちになります。
shinkaiyakkyokuすると、血液が濃くなり「ドロドロ血」になったり、エネルギーを消耗することで疲労が強くなったりしてしまいます。
動悸、息切れを起こすこともあります 
angry

hana08.gif こんな症状に注意

 汗が多い、疲労感がある、動悸、息切れ、頭がぼーっとする、口が渇く、皮膚が乾燥する
 尿が少ない、便秘気味、舌の色が淡い

shinkaiyakkyokuどうしたらいいの?
 shinkaiyakkyoku こまめな水分補給や食事に気を配り、体の潤いを保つようにしましょう。

carrot02.gifこんな食材がおすすめ
  潤い補給に
   レモン、梅干し、トマト、イチゴ、ざくろ、ヨーグルトなど
  気を養うために
   小麦、山芋、豆腐、湯葉、桃、りんご、ハツ など

club.gif おすすめ漢方 club.gif
  麦味参顆粒、西洋人参、炙甘草湯、ユリ根含有食品 など
 

2 「サラサラ血」にする

食事の偏りや、多量の汗で血が濃くなる事などが原因で「ドロドロ血」frownになると、
全身に血を送る心臓に大きな負担がかかってしまいます。
血流も悪くなり、動悸や心痛、頭痛、手足のしびれなどの様々な不調が起こることもあります
shinkaiyakkyoku

特にenlightenedは外と室内の温度差が大きく、血管が急に収縮し、つまってしまうこともあるので要注意yes
高血圧や狭心症、動脈硬化などの生活習慣病がある人は特に気をつけましょう。

hana08.gif こんな症状に注意

  動悸、心痛、胸が苦しい、不整脈、頭痛、手足のしびれ、顔色が悪い(艶がなく、黒ずんでいる)
  舌の色が暗い

shinkaiyakkyokuどうしたらいいの?
 shinkaiyakkyoku こまめな水分補給や食事に気を配り、体の潤いを保つようにしましょう。
   また、脂っこい食事は控えめにするなど、食生活を見直しましょう。

carrot02.gifこんな食材がおすすめ
   血流をよくする
    たまねぎ、らっきょう、なす、シナモン、赤ワイン、カレー、わかめ、昆布など

club.gif おすすめ漢方 club.gif
  冠元顆粒

 

夏対策

その2 「熱」「湿」を取り除く

そのために必要なこと
 1 過剰な「熱」をさます
  2 「湿」をためずに、「脾胃」を元気に

shinkaiyakkyoku 詳しく見ていきましょう

1 過剰な「熱」をさます

夏の暑さで体に過剰な「熱」がこもると、体温が上昇して「心」や「脳」に影響し、熱中症などを引き起こし原因に。
イライラしたり、怒りっぽくなったり、不眠になったりと、精神的にも不安定になりがちです。

hana08.gif こんな症状に注意

熱っぽい、顔が赤い、口が渇く、冷たいものがのみたくなる、
イライラする、怒りっぽい、不眠、舌の色が紅い、舌の苔が黄色い

shinkaiyakkyokuどうしたらいいの?
 shinkaiyakkyoku適度に汗をかいて自然に体の熱を冷ましましょう。
  夏の野菜や果物には体の熱を冷まし、余分な水をだしやすくしてくれる作用があります。
  旬の食材を上手に取り入れましょうshinkaiyakkyoku
  冷房は体を冷やしすぎない程度に上手に使いましょう。
  (冷房に頼り過ぎると、汗をかきにくい体質になったり、冷え性になったりすることもあるので、
   ほどほどをこころがけましょう。

carrot02.gifこんな食材がおすすめ
体の熱を冷ます
すいか、きゅうり、苦瓜、トマト、れんこん、緑茶、蓮の葉茶など
精神を安定させる
ハスの実、かき、ユリ根など

club.gif おすすめ漢方 club.gif
天津感冒片、白虎加人参湯、黄連解毒湯、天王補心丹、甘麦大棗湯、菊花茶 など


2 「湿」をためずに、「脾胃」を元気に

日本の夏は湿気が多い上、水分をとり過ぎることが多く、体内に「湿(余分な水分や汚れ)」がたまりやすくなります。
「湿(余分な水分や汚れ)」がたまると「脾胃(胃腸)」の働きが低下して、食欲不振や消化不良、軟便などを引き起こします。
その結果、栄養を十分に吸収することが出来ず、夏バテしやすくなってしまいます。

hana08.gif こんな症状に注意

 食欲不振、消化不良、胃もたれ、膨満感、軟便、下痢、頭が重い、体が重い、
 舌の苔が黄色く粘りがある

shinkaiyakkyokuどうしたらいいの?
 shinkaiyakkyoku 胃腸は冷えに弱いので、冷たいものの摂り過ぎに注意しましょう。
   飲み物も、常温以上がおすすめ。
   どうしても冷たいものをとるときには、温かいものも同時にとるように心がけましょう。
   暑くても、「温かい食事」をとるようにして、胃腸をいたわりましょう。
   食欲が落ちている時には無理に肉などを食べずに、消化の良いものをとるようにしましょう。

carrot02.gifこんな食材がおすすめ
  体の湿を取り除く
   はと麦、緑豆、もやし、春雨、冬瓜など
  脾胃を養う
   米、山芋、インゲン豆、かぼちゃ、大豆製品、ウナギ、はも、卵、鮭など
  食欲を促す
   しそ、みょうが、しょうが、カルダモン、大豆製品など

club.gif おすすめ漢方 club.gif
  勝湿顆粒、健胃顆粒、健脾散 など

shinkaiyakkyoku症状や体質は一人ひとり異なりますので、漢方薬を飲む際には漢方の専門家にご相談ください。

前へ 
 次へ

 - その他の症状