不妊症のお悩みおまかせください!新海薬局の漢方子宝相談

★山梨県甲府市の漢方薬局★漢方ご相談実績の多い新海薬局★

*

湿度の高い日本の夏

   

            

夏休みに中国に里帰りしてまだ日本に戻ってきたばかり、という中国人の女性が言っていました。
「中国は暑くても普通に過ごせる。日本は湿気が多すぎで息をするのも苦しい感じ。smiley
日本の環境に慣れているはずの私でさえ、このところの蒸し暑さは体にこたえます。shinkaiyakkyoku

四方を海に囲まれているからでしょうか。日本人は湿度の高い環境で暮らしているので、「むしむしする!」と文句は言うものの、体は湿気に慣れています。
ですから反対に、冬に空気が乾燥するとのどや鼻の粘膜をやられてかぜをひきやすくなったり、海外に行って乾燥した空気の中で過ごしてのどを痛めたり、ということがよくあります。

でも湿気に慣れているとはいっても、過度に湿った空気にさらされていると体には「湿」shinkaiyakkyokuがたまりやすくなります。
それに加えて、日本人は
冷たいものを良く飲むし、健康のために野菜をとろうと、生野菜のサラダをよく食べています。
shinkaiyakkyokuこれでは消化酵素は薄められてしまいますし、胃腸も冷えてしまいます。
 shinkaiyakkyoku ということは、消化吸収力が弱ってしまっているということyes
そして、さっぱりした食事が多くなり、また栄養状態も悪くなり…angry

「湿」がたまる

口から胃に入った水分は「脾(ひ)」(消化器系)で吸収され、肺へ運ばれて全身を潤し、一部は汗となり、やがて尿となって体外に排出されます。
しかし、周りの湿度が高いと、汗となって蒸発しにくくなります。
また、冷たいものをとることで消化器系の働きが弱っているので、水分はスムーズに全身をまわらなくなってしまいます。そして「湿」が体に溜まってしまうのです。

良い状態さらさらと流れる小川enlightened
「湿」が溜まった状態水の流れがあまりなく澱んだ川
をイメージしてもらうと分かりやすいかと思います。

「湿」が体に溜まると、顔や足や手がむくむ、胃がムカつく、食欲不振、尿の出が悪い、下痢、足が重いといった症状に悩まされることになります。

このような状態の時、下痢止め、胃腸薬、利尿剤などで対処しようと思っても、体全体の状況が良くなるわけではありません。
こんなときに、体全体からとらえる漢方薬がおすすめです。
どこに「湿」がたまっているのか、どこが弱っているのか、普段の生活は、などあらゆる状況から判断して、適切な漢方薬を選んで使っていきます。shinkaiyakkyoku

前へ 
 次へ

 - その他の症状