不妊症のお悩みおまかせください!新海薬局の漢方子宝相談

★山梨県甲府市の漢方薬局★漢方ご相談実績の多い新海薬局★

*

   

            

痔はよくある病気です。shinkaiyakkyoku
日本人の3人に1人は痔に悩んだ経験があると言われていますyes
でも、「『痔』だなんて人に言うのは恥ずかしい。相談するのもちょっと…。まして、医者にお尻を見てもらうなんて…shinkaiyakkyoku」という方も多く、対処が遅れ、症状が悪化してしまうケースも少なくありませんshinkaiyakkyoku
痔になったら、早めのケアを心がけましょう。

痔には食事や排便、仕事など、普段の生活が大きく関わっています。
薬を塗って良くなったとしても、生活習慣がそのままなら、また痔になってしまう可能性は高いです。
生活習慣を見直すと同時に、《痔になりにくい体質》を作っていきましょうshinkaiyakkyoku

shinkaiyakkyoku  体の中から痔を改善
 

club.gif 急な痛みや出血・湿熱(しつねつ)タイプ

  暴飲暴食、辛いもの、甘いもの、油っこいものを摂り過ぎると、体に「湿(余分な水分や汚れ)」 
  や「熱」が溜まりやすくなります。
  shinkaiyakkyoku すると、
脾胃(いちょう)の働きが悪くなり、下痢や便秘を起こしやすくなります。
  こうした排便の不調が肛門の負担となり、痔になってしまうのです。

  このタイプでは、急に起こる痛みや出血、肛門の熱感、腫れなどが特徴です。
  多くの場合、数日で治ります。

◆ こんな症状に注意 

  □急な痔の痛み・痛痒さ、□痔の出血(鮮やかな色の血)、□下痢や便秘、□肛門の熱感・腫れ
  □強い口臭、□口の渇き、□舌の色が紅く苔が黄色い

 改善するには? 

  体内に溜まった湿と熱を取り除き、胃腸の調子を良くして排便を整える

carrot02.gif おすすめ食材
  涼性の食材や、便通を良くする食材がおすすめです
  れんこん、アロエ、ゴボウ、たけのこ、枝豆、海草類、卯の花、いちじく、バナナ、
  はと麦、オオバコなど

cheeky 良く使われる漢方 cheeky

  浸膏槐角丸(しんこうかいかくがん)、清営顆粒、乙字湯など

 

club.gif 痔の慢性化・瘀血(おけつ)タイプ

  中医学では、肛門部の「瘀血(おけつ)」(血行不良)が痔の大きな原因になると考えます。
  肛門部の瘀血を引き起こす要因となるのは
  shinkaiyakkyoku 便秘や下痢、排便時のいきみ、長時間座りっぱなし・立ちっぱなしの状態など。
  また、女性は妊娠出産で肛門に負担がかかり、痔になってしまうこともあります。
  このタイプでは、慢性的な痔の出血・痛み、しこりなどがあるのが特徴です。

◆ こんな症状に注意 

  □慢性的な痔の出血(少し暗い色の出血)、□痛み、□しこり
  □顔色が黒ずんでいる、□舌の色が暗い

 改善するには? 

  全身の血行を良くして、肛門部の瘀血を改善する 
  便通を整える
carrot02.gif おすすめ食材
  血行を良くする食材がおすすめです。
  紅花、よもぎ、きくらげ、玄米、イワシ、なす、モロヘイヤ、干し柿、サフランなど

cheeky 良く使われる漢方 cheeky

  桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)、大黄牡丹皮湯(だいおうぼたんぴとう)、など


club.gif 長期の痔による消耗・気血不足タイプ

  長期にわたって痔を患っていると、継続して出血することや、体が消耗してしまうことから、
  体内の「気(気)」(エネルギー)や「血(けつ)」が不足しがちに。
  気血不足の状態では、痔の傷も治りにくく、症状の改善も遅れてしまいます。
  日頃から貧血や疲労感を感じている方は、まず体内の気血を十分に養うことが大切です。
  痔の傷や症状を治す体の力を養っていきましょう。

◆ こんな症状に注意 

  □長期にわたって痔を患っている、□脱肛、□痔の出血(淡い色の血)、□排便後の疲労感、
  □めまい、□顔色が白い、□貧血気味、□舌の色が淡い

 改善するには? 

  体内の気と血を養って体力を十分に保ち、傷を治す力をつける

carrot02.gif おすすめ食材
  気と血を養って、便通を良くする食材がおすすめです。
  黒豆、大豆製品、クルミ、松の実、ぶどう、じゃがいも、さつまいも、蜂蜜、ヨーグルトなど

cheeky 良く使われる漢方 cheeky

  帰脾湯、婦宝当帰膠、補中丸、健脾散など

kaeru01.gif 良く使われる外用薬(塗り薬)

  紫雲膏(しうんこう)、タイツコウ軟膏 など

leaf_a.gif 痔を予防する暮らしのケア leaf_a.gif

  □ バランスの良い食事を心がけて
  □ 油っこいもの、辛いもの、アルコールは控えめに
  □ 便が硬くならないよう、こまめに水分補給を
  □ ストレスは便秘や下痢の原因に。リラックスを心がけて
  □ 適度に体を動かして血行を促進
  □ 便秘や下痢を解消し、規則的な排便の習慣を
  □ 毎日の入浴でお尻を清潔に。血行も良くなります。

     (ただし、石けんを使ってゴシゴシすると、良い菌がいなくなったり、
      肛門に傷をつけたりするので、注意しましょう)

前へ 
 次へ

 - その他の症状