不妊症のお悩みおまかせください!新海薬局の漢方子宝相談

★山梨県甲府市の漢方薬局★漢方ご相談実績の多い新海薬局★

*

食育

   

            

shinkaiyakkyoku秋真っ盛り。
一時の野菜高騰も落ち着いて、スーパーには色とりどりの野菜や果物が並んでいます。
スイートポテト、パンプキンなどのお菓子、ケーキなども美味しそうshinkaiyakkyokuで、良くないことは分かっているのですが、
「体重増加の心配」より「食欲」を優先してしまいます…
angry

子どもたちも、いろいろな秋の新製品のお菓子に目移りしているようで、お菓子を両手に持ってニコニコしている女の子も見かけました。
でも、

「ちょっと待った!!」
簡単に市販の物を買い与えすぎていませんか?
shinkaiyakkyoku「値段も手ごろだし、時間もないし、子どもも喜ぶから、つい…。」
shinkaiyakkyoku市販のものがすべていけないというわけではありませんが、体も味覚も発達途中の子供達には、
   体に良いものを考えながらあげて欲しいものです。

cheeky cheeky cheeky cheeky cheeky cheeky 

最近「食育」と言う言葉を良く聞きます。
学校でも、「今日の給食はこんなものから作られている」、「これは血や肉をつくる」、
「これはエネルギーになる」…など少しずつ食育を進めているようです。

でも、やっぱり一番は「家庭での『食育』」enlightenedです。
● 簡単なおやつをお子さんと一緒に手作りしてみる
   
大好きなお母さんに教えてもらいながら自分で作ったものの味は格別!
   いままで食べた事のないものでも喜んで食べてくれます。

● お料理しているときに、「これは『○○』だよ、味見して」と頼んでみる
   子どもが苦手な人参だって、お腹がすいているときに生の人参を一切れ食べてもらったら
   「甘くておいしい!」という声が返ってくることだってあるのです。

旬のものを、素材の味から教えてあげる。
出来たら、「これ食べたら骨が強くなるよ」、「かぜに負けないよ」など簡単な言葉で教えてあげると良いでしょうshinkaiyakkyoku

 

shinkaiyakkyoku さて、気になるニュースが先日流れました。

大量のトランス脂肪酸を含んでいるマーガリンが、遂にアメリカで使用禁止となる!!

「米食品医薬品局(FDA)は、摂取し過ぎると心筋梗塞などの発症リスクが高まるとされる
トランス脂肪酸について、『安全とは認められない』として、食品に用いることを原則禁止
する規制案を提示した。」
とのことです


「トランス脂肪酸」

トランス脂肪酸は、植物油など液体状の油脂や、マーガリン、ショートニングのような固体状の油脂を
製造する加工工程で生成されます。
植物油を高熱処理しても生成されます。

主に問題にされているのが、マーガリン、ファットスプレッド、ショートニング、クリームなどです。

これらを材料に使っているものだって対象です。

 クッキーやビスケットなどの焼き菓子、パン、ケーキ、アイスクリーム、コーヒーに入れるクリームなど。
 また、揚げ油を使う、ドーナッツ、ポテトフライ、鳥の唐揚げなどの揚げ物も!!

shinkaiyakkyoku子どもたちが大好きなもの、みんなが良く食べるものにたくさん含まれているのです。

何が悪いの?

● 心筋梗塞や狭心症のリスクがあがり、肥満になりやすい。
● アレルギー疾患が増加。(アトピーの原因にもなる。)
● 胎児の体重減少、流産、死産を生じさせる可能性がある
● また、母乳を通じて乳児にトランス脂肪酸が移行してしまうことも、確認されているとのこと
 

devil 「危険な油」として、世界各国で規制が始まっています。

デンマーク、スイス、オーストリアでは、一定量のトランス脂肪酸を含んだ油脂の国内流通を禁止。
米国、カナダ、アルゼンチン、ウルグアイ、パラグアイ、ブラジル、韓国、香港、台湾、中国では、
食品含有量表示を義務付け。
アメリカでは今回使用禁止にするとのこと。

一方日本では、まだ、これといった規制もなく、トランス脂肪酸含有量の表示義務もありません。
そのためか、トランス脂肪酸について知っている人は知っているけれど、知らない人の方が多いかもしれません。

shinkaiyakkyoku国の対策をどうこう言っても始まりません。
危険だと思ったら、自分で避ければいいのです。
トランス脂肪酸をふくむ食品をなるべくとらないようにすれば良いだけのことです。

また、これを機会に、子どもたちにはぜひ安全な物を選んであげて欲しいものですshinkaiyakkyoku

shinkaiyakkyoku当店に健康相談に見える方達には「まずは食事から」とお話しています。
「食育」は子どもだけのものではありません。
食を考える「食育」は大人にだって必要です。
健康のためにぜひ「食事」について考えてみませんか
shinkaiyakkyoku

前へ 
 次へ

 - その他の症状