不妊症のお悩みおまかせください!新海薬局の漢方子宝相談

★山梨県甲府市の漢方薬局★漢方ご相談実績の多い新海薬局★

*

麦味参顆粒

   

            

shinkaiyakkyoku6月に入り、暑い日が増えてきています。

暑いと熱中症になる危険があるということで、対策のため、最近ではいろいろなものが売られています。
塩分補給も必要だということで、塩入キャンディーが出たのにはびっくりしましたが、(まさか飴に塩shinkaiyakkyoku)、
食べてみたらそれ程まずいものではなかったものの、子どもたちの口には合わなかったようで、「もう要らない」と言われてしまいました。
blush
塩やナトリウムを加えたドリンクもいくつも出てきていますね。

devil「熱中症対策のために、水分補給。ミネラルも補給。」shinkaiyakkyoku

shinkaiyakkyoku「こんなことは何度も聞いて良く分かっている。だから水分を摂るようにしている。

でも、いくら水分をとっても、のどが渇いた感じがいつまでもしたり、体のだるさは増したり…」
といった声を良く聞きます。実は私もその一人。
でもどうしてでしょう?
  shinkaiyakkyoku

shinkaiyakkyoku汗などと一緒に体の水分が外に出ていく時に、実は「気」(エネルギー)も出ていってしまうのです。
サウナで汗をかいた後など、体が疲れたように感じた経験はありませんか?

確かに出ていった水分は補わなければなりません。
だから、水分補給するのですが、ただ水分をとるだけでは「気」まで補ってはくれません。
また、水分と言っても、体に必要な水分である「津液(しんえき)」にはすぐには変わってくれません。

shinkaiyakkyokuどうしたらいいの?

mama.gif そんなときに有効なのが「麦味参顆粒」enlightenedです。

「麦門冬(ばくもんどう)」、「人参」、「五味子(ごみし)」という、3種類の生薬を組み合わせたシンプルなものです。

「人参」は汗で失われた「気」を補い、体力と気力をつける
「麦門冬(ばくもんどう)」「五味子(ごみし)」は体の中で有用な水分「津液(しんえき)」を作り出してくれます。

3つが合わさることでさらにパワーアップyes
疲労を回復する力が強く、心筋の収縮力を高める働きにも優れていて息切れやめまいを防ぎ、ストレスに強い体にしてくれます。

shinkaiyakkyoku中国の大学の研究ではこんな効果があることが証明されたそうです。

 疲労物質である乳酸を分解して疲労を速やかに回復
 体内で酸素を運ぶ赤血球やヘモグロビンを増加させ、体に効率的に新鮮な酸素を送り込む
 冠状動脈の血流量を改善し、心筋の収縮力をアップさせて心筋細胞を保護
 心筋の酸素消費量を抑える
など
   shinkaiyakkyoku
「ちょっ、ちょっと難しいけれど、すごいね!!」
 

中国では「生脈散(しょうみゃくさん)」と言われ、ドリンク剤やお茶として普段から広くのまれています。
「生脈散(しょうみゃくさん)」とは文字通り、
「心臓が弱って脈が消えそうになった時、脈を呼び戻す」働きがあることから名付けられたそうです。
中国の病院では注射薬や点滴としても使われています。狭心症や心筋梗塞、不整脈の特効薬として使われています。

あの有名な毛沢東が、3度目の心筋梗塞を起こして危篤に陥った時、「生脈散」の静脈注射が使われたことは有名です。
shinkaiyakkyoku

日本では、「生脈散」は、「麦味参顆粒」enlightenedという名前で、のみやすい顆粒状になったものが売られています。

shinkaiyakkyoku
以前薬局にいらした方が
「麦味参顆粒」を飲んでこんなことをおっしゃっていました。
「いつもは夏の時期、暑くなってくると思うようにプレーが出来ないのだけれど、今回『麦味参』をのんでゴルフをしたら、後半も元気いっぱいで、優勝までしちゃったよ」

他にも、トライアスロンの選手が「麦味参顆粒」をのんだらタイムが大幅に縮んだという結果もあるそうです。

熱中症予防に、
スポーツをするときに、
外出する時に

  shinkaiyakkyoku 麦味参顆粒

を試してみませんか?

前へ 
 次へ

 - その他の症状