不妊症のお悩みおまかせください!新海薬局の漢方子宝相談

★山梨県甲府市の漢方薬局★漢方ご相談実績の多い新海薬局★

*

滋腎明目湯

   

            

最近、「目」が衰えてきたように感じることはありませんか?

「目がかすんで見えにくくなってきたから、最近新聞や本をあまり読まなくなった…」
「夕方になると見えにくくなるので、夜の運転はしないようにしている」
「テレビを見ていても、夕方になると見えにくくなる」
「仕事でパソコンを使うので、夕方には目が疲れて…」
「蚊だか、埃だか分からないものがちらつくので、眼科にいったら『飛蚊症で、老化現象の1つです』と言われショック

昔から目や耳は歳をとるにつれ衰えるものとされ、何かの病気と言われない限り、
「歳のせい」にして特に対処しないでいる方が多いように思います。

でも、この目の状態を改善する漢方があるのです

 滋腎明目湯 

漢方では目や耳などの衰えは、「腎」の機能を高めることで防いできました。
腎と言っても、腎臓を指している訳ではありません。
漢方で腎とは「生命エネルギー」を蓄えておく所で、発育・成長・生殖にかかわる機能を持つと考えます。
この腎の機能が衰えると老化が早まり、様々な老化現象が現れてくるのです。

また、漢方では「肝の失調は目に出る」と言われます。
つまり、過労やストレスなどで、血が不足し、目の末端部まで栄養や必要な水分が行き渡らず、疲れ目、ドライアイ、視力障害などの症状が現れてくるのです。

 滋腎明目湯はその名の通り、「腎を滋養しその働きを高め、目の前が明るくハッキリと物が見えるようになる」漢方です。

血を補う四物湯のほか、
「腎」の機能を高め、老化を防ぐ生薬、
目の炎症を抑える生薬、
などが配合され、様々な目のトラブルに対応します。

眼精疲労、視力障害、ドライアイ、かすみ目、目の痛みなどのほか、
白内障、緑内障にも用いられます。
網膜にも栄養を行き渡らせるので、網膜はく離などの予防にも良いとされています。

症状によって、他の漢方薬を組み合わせることで、さらに効果をあげていくこともあります。
まずはご相談ください。

目はとても大切。
ぜひ、漢方で養生して、良い状態を保っていきましょう

前へ 
 次へ

 - その他の症状