不妊症のお悩みおまかせください!新海薬局の漢方子宝相談

★山梨県甲府市の漢方薬局★漢方ご相談実績の多い新海薬局★

*

紫外線と老化

   

            

昨日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」で「紫外線」を扱っていました。
ご覧になった方もいるのでは?

番組でドクターが語った衝撃の事実!

「肌の老化の8割は、紫外線が原因によるもの」

紫外線で老化が進むという話は知っていたけど、『8割』とは知らなかった…
もっと紫外線に気をつけなければ!(もう遅いかもしれないけど…

知っているようで知らない「紫外線」
まずはクイズで知識をチェック

1 紫外線には種類がある? Yes No

⇒ 正解は Yes

紫外線はその波長の長さによって「A波(UVA)」「B波(UVB)」「C波(UVC)」に分けられます。
「え? でも日焼け止めには、確か最初の2つしか書いていないんだけど…」
「UVC」はオゾン層に阻まれ、地上に届くことはありません。

2 UVAとUVB 肌を赤くしたり、水ぶくれを起こしたりするのはどっち?

⇒ 正解はUVB

目に見える「日焼け」はUVBが起こします。
UVBはエネルギーが強く、皮膚表面の細胞を傷つけたり、炎症を起こしたりします。
シミやそばかすの原因となりやすいのがこちら。
皮膚ガンの原因になることも。

3 UVAとUVB 老化に大きく関わってくるのはどっち?

⇒ 正解はUVA

UVAは、肌に急激な変化を与えませんが、皮膚の奥の真皮にまで届き、肌にじわじわとダメージを与え、しわやたるみを作っていきます。
肌老化をどんどん進めてしまうのがUVAなのですね。

4 ガラスは紫外線を通しにくい? Yes No

⇒ 正解は 半分Yes??

ガラスは、UVBはあまり通しませんが、UVAは通してしまうのです。
だから家の中にいても日焼け対策は必要なのですね。

5 曇りの日は紫外線が少ない?  Yes No

⇒ 正解は どっちかというとNo

雲ひとつない快晴の日の紫外線量を100とすると、曇りの日は70~80になるとのこと。
また、UVBは雲にさえぎられ通過しにくくなりますが、UVAは曇りでもほとんどが地表に到達します。
雲はもともとは水。紫外線は水を通過するので、実は雨の日でも紫外線は地表に届きます。

注意して欲しいのは、空に雲があって、太陽も出ている時。
光は反射するので、雲にあたって反射する光も倍増、紫外線量が晴天の日より多くなることもあるのです。

6 日本人は瞳の色が西洋人より濃いので、目が紫外線に強い?  Yes No

⇒ 正解は Yes

瞳の色の違いはメラニン色素の量によるものなので、瞳の色が濃い程紫外線には強いと言えます。

でも、それは瞳の色が薄い人に比べて、ということ。
目が紫外線のダメージを受けない訳ではありません。

7 目に紫外線を浴びるだけでも、肌が日焼けする?  Yes No

⇒ 正解は Yes

あまり知られていない事実。
直接肌から影響を受けなくても、目から紫外線の影響を受けると肌の日焼けにつながります。
目から入った紫外線が角膜に影響をあたえ、脳の脳下垂体に情報が伝達。
防衛反応としてメラノサイトがメラニン色素を生成してしまうのです。
目が紫外線を浴びるだけでも、肌老化が進んでしまうのです。

8 サングラスは色が濃い方が良い?  Yes No

⇒ 正解は No

黒いサングラスをかけると瞳孔が開きます。
でも、紫外線は瞳孔を通って入ってきてしまうので、たくさんの紫外線を通してしまうことに!
目の奥にまで紫外線が届いてしまいます。
サングラスは色は薄く、UV効果のあるものを選びましょう。
また、サングラスをしていてもレンズの周りからは紫外線は入ってきていることを忘れずに。

9 骨を強くするためには紫外線を浴びる必要がある?  Yes No

⇒ 正解は Yes

カルシウム吸収のために必要なビタミンDは紫外線を浴びることで生成されます。
でも、1日数分浴びるだけで充分とのこと。
顔などの紫外線対策をしっかりして、メラニン色素がほとんどない手のひらに紫外線を浴びさせるのも一つの方法です。

10 加齢黄斑変性症も原因は紫外線?  Yes No

⇒ 正解は ほとんどYes

加齢黄斑変性症は老化で起こる目の病気として知られています。
目の中の「水晶体」で防ぎきれなかったUV-Aは、長い年月をかけて、目の奥にある「網膜」の中心にある「黄斑部(おうはんぶ)」を酸化変性させます。これが、加齢とともに増えてくる「黄斑変性症」の原因と考えられます。
白内障も紫外線の影響が指摘されています。

今までは、紫外線対策を「日焼け」予防として捉える方が多かったかと思いますが、「老化予防」として考えていくことが大切ですね。

でも、既に浴びてしまった紫外線はどうしようもないし…。

老化予防には漢方がおすすめ
目の老化予防に良い漢方の「滋腎明目湯」も扱っています。
こちらも見てね。⇒ 滋腎明目湯

ご相談ください

 

前へ 
 次へ

 - その他の症状