不妊症のお悩みおまかせください!新海薬局の漢方子宝相談

★山梨県甲府市の漢方薬局★漢方ご相談実績の多い新海薬局★

*

にきび・じんましん

お肌のトラブル

・・・  にきび  じんましん

にきび

ニキビは思春期や20歳前後に多発します。最近では大人になってもニキビに悩む方が増えています。
ニキビは以下のタイプに分類することが出来、タイプ毎に漢方薬を使い分けて対応します。

若い人のニキビ
1 黄色いにきび(膿疱症ニキビ)
化膿がひどく、膿疱(うみ)が数多くみられる。毛包を中心に赤いブツブツが多発。
局部に痛みを感じる。あご・頬・髪の毛の生え際に多発。毛穴が大きい。口渇。便秘気味。のぼせあり。怒りやすい。舌苔が黄燥。肌のきめが荒い。
   
2 白いにきび(粉刺)
毛穴に一致した白または皮ふ色のブツブツ。圧迫すると黄白色の角質様なものがでる。
額部に多発。口渇。便秘気味。混合肌が多い。
   
3 赤いにきび(尋常性ニキビ)
毛包を中心に赤いブツブツを呈し、一部に膿疱(うみ)もみられる。
胸腹満。便秘。口渇。顔全体に散在。時にのぼせる。舌苔が黄色。
 
4 紫ごりごりにきび(結節性ニキビ)
結節型あるいは嚢腫型に相当する。
※結節・・・直径1cm以上の充実性の隆起。発疹の分類のひとつ。
※嚢腫・・・組織の出口が塞がれて袋のようになり、中に多量の液体がたまったもの。

皮疹は結節・嚢腫が目立つ。

色は紫、または紫褐色、暗紅色または褐色。硬く結節を呈するごりごりが多い。
毛穴が大きい。頬、あごに多発。イライラがある。舌の色は紫暗。
女性では生理痛を伴い、血塊がある。

▲ TOP

大人のニキビ

25歳以上の方のにきび・吹き出物は、成人性にきびと考えます。

5 成人性にきび(大人ニキビ・慢性ニキビ)
毛穴を中心に赤い丘疹が繰り返し出る。25歳~40歳の方に多い。
首・あご・頬・フェイスライン・胸・背中などに出来やすい。
女性の場合、一部の方は生理期に悪化。生理不順・生理痛などを伴うことが多い。
無理なダイエットや素体の気血不足・脾胃虚弱によって引き起こされる場合もある。
若い頃は乾燥肌だったのに、30代になってからニキビに悩んでいる人もいる。

成人性にきびは、ひとりひとりの体質や症状・生活環境などによって対処方法が異なります。是非一度ご来店頂き、当店の専門スタッフにご相談ください。

にきびの方の養生法

 便秘に注意する。
 疲れすぎないように心がけ、睡眠を十分に取る。
 上手にストレス解消をし、リラックスタイムを作る。
 刺激の強い飲食物は避ける。
 甘いもの、脂っぽいものは控え、果物と野菜を多く摂る。
 患部を触ったり、つぶしたりしない。
 ナチュラルメイクを心がけ、化粧品の原材料にも気を配る。
 熱がこもりやすい方は、五涼華、五行仙茶、五行草などがオススメ。
 抗酸化食品(紅沙棘、田七人参茶、麻子仁、シベリア霊芝茶など)がオススメ。
にきびのお悩みは是非当店へご相談ください♪

じんましん

先日、じんましんの方が相談にご来店されました。
小学生のお子様で皮膚科で「寒冷じんましん」と診断され、抗ヒスタミン剤を服用しているが、なかなか良くならない、とのことでした。特に「プールに入ったあとに悪化する」とのこと。この方は中医学でいうと【風寒型】にあたります。

風寒型とは? 【風寒型】とは・・・?

寒さや体が冷えることによって発生・悪化します。
発症は突然おこり、膨疹は皮膚色または白色です。温めると楽になります。

この方の場合は粘膜を強くし体を温めることを考え「衛益顆粒(えいえきかりゅう)」と「瓊玉膏(けいぎょくこう)」をご提案、その後よくなったと喜んでいただけました。

じんましんとは?

じんましんは、急性皮ふ病のひとつです。

皮ふの一部分が赤く盛り上がり(膨疹)しばらくすると後かたもなく消えてしまう症状で、蕁麻(じんま=イラクサ)の葉に触れると同様の症状が出るため「蕁麻疹」という名前がついたといわれています。

大抵は痒みを伴いますが、チクチクした感覚や焼けるような感覚を伴う場合もあります。
このような状態が1ヶ月以上、繰り返し続くと、慢性じんましんで、この場合、基本疾患の検査が必要です。

【じんましんの種類】  
血管性浮腫・・・
「かゆみ」がなく、まぶたや唇の腫れが2~3日続く。

圧じんましん・・・
ベルトや下着などの締め付けにより生じる。

人工じんましん(皮ふ描記症)・・・
掻くと索状膨疹が生じる。

寒冷じんましん・・・
冷たい空気・エアコン・水などの寒冷刺激により生じる。

温熱じんましん・・・
こたつやお湯など熱刺激による。

じんましん

コリン性じんましん・・・
運動・緊張・イライラによる。

日光じんましん・・・
日光の照射による。

アレルギー性じんましん・・・
食事や薬・ペットの毛・ハウスダスト・花粉・蜂やムカデなど、特定の物質が体に入ることで生じる。

病巣感染によるじんましん・・・
扁桃腺や副鼻腔炎・虫歯などの細菌、死んだ組織のせいで生じる。

じんましんの特異発症素因としては、膠原病・血管炎・免疫異常・感染症・薬疹・中毒疹・内臓腫瘍・消化器病変などが知られています。環境誘因としては、以下のようなものが挙げられます。

        寒暖や乾燥などの気温の変化
        飲酒・魚介類・色素類・防腐剤などの食事環境素因
        ダニ・ハウスダスト・塗料などの生活環境素因
        本人にとって適当でない、過度なストレス
        過労・ウイルス感染・手術などの体力低下
        SLE(全身性エリテマトーデス)・ポルフィリン(ヘム合成系酵素の異常に
            よる尿便中のウロポリフィリンの増加)・感染症といった基礎疾患

中医学(中国漢方)では、現代医学とは違う分類をします。
じんましんは主に以下のような分類ですが、ひとりひとりの症状や生活環境や状態などにより、これらを単独で、または組み合わせて対応することもあります。

風寒型 寒さや体が冷えることによって発生・悪化するタイプ。
発症は突然で、膨疹は皮膚色または白色、温めると楽になる。
風熱型 温まると悪化し、冷やすと良くなるタイプ。
発症は突然で、膨疹は紅色、痒み・熱感があり、ほてりもある。
営衛不和・表虚型 汗をかいたあと風に当たると膨疹が出るタイプ。
体表部が外部からの刺激に耐えられない、つまりバリア機能の低下が原因。繰り返し発症しやすい。
胃腸湿熱型 じんましんと同時におなかが張る・下痢・腹痛などの胃腸症状を伴うタイプ。赤みのある膨疹、強い痒みを伴う場合が多い。
血熱型 熱感が強く、赤みも強いタイプ。
特に夜間に悪化する場合が多い。血が熱をもってしまっている状態。
気血両虚型 疲れがたまるとひどくなるタイプ。
疲れやすい・息切れをする・顔色に艶がない・寝つきが悪い・肌がかさつく・爪がもろい、といった状態を併せもつ。気や血が不足している事が原因。
衝任(しょうにん)
不調型
女性の生理期に発症するタイプ。
生理不順・生理痛を伴い、更年期にも発症する。衝任脈(しょうにんみゃく)という経絡にトラブルがある事が原因。

病院では一般に急性じんましん、慢性じんましん共に抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤を使います。重度のじんましんの場合にはステロイド剤や点滴なども行います。
中医学(中国漢方)の場合は、その方の体質や症状や状態・生活環境などによってオススメする漢方薬も養生法も違ってきます。体全体のバランスを整えていくので、じんましん以外の症状も自ずと良くなっていきます。

じんましんは原因が特定できない場合や、環境変化により複雑に変化する場合があります。従って、薬の服用も一様ではなく、その時々に対応していく事が重要となります。
是非、専門家の指導のもと、薬の服用や養生を行ってください。

じんましんの方の養生法

        疲れすぎないように心がけ、睡眠を十分に取る。
        規則正しい生活を心がける。
        バランスの取れた食生活をする。
        季節の果物と野菜などで自然のビタミンを多く摂る。
        食品添加物の摂取に注意する。
        皮ふに直接触れる肌着などの衣類の素材に注意する。


▲ TOP

接触性皮膚炎・脂漏性皮膚炎
乾癬・掌蹠膿疱症
皮膚病ワンポイントアドバイス
アトピー性皮膚炎

  PickUp♪

no image
体の中から冷え性対策

「手足が冷たくて眠れない」 「暖房のきいた部屋にいるのだけれど、自分だけ冷えて寒 …

no image
健忘症

12月は師走。 「師も走る」と字の通り、忙しい日々を過ごして …

no image
麦味参顆粒

3月ももう終わりに近づきましたが、まだ寒い日が続いています。 いつもなら、春のう …

no image
水虫の予防

今日も今朝からムシムシして暑いです 真夏のような、カンカン照りの暑さではなく、空 …

no image
不妊で悩んでいる方に

 「年齢を重ねるごとに妊娠しづらくなります」 そんなこと、分かっている 「近年、 …

no image
花粉症~その1

花粉症対策   まだまだ寒い日が続いていますね。 早く暖かくなって欲し …

no image
手足口病

「手足口病」が流行っています。 ?西日本を中心に増加傾向にあり、東日本にも拡がっ …

no image
花粉症の症状が出てしまった!!

寒い日が続いています。 雪が降る日もあり、まだまだ季節は冬のようなのに、花粉はす …

no image
「病膏肓(やまいこうこう)に入る」とは?

 「漢方ファンのページ」より   この諺は、言うまでもなく「ヤマイ、コ …

no image
春の不調…だるい、眠れない、やる気が出ない… etc.

薬局の前にある、舞鶴城公園は桜が真っ盛り。今日も多くの家族連れや花見客でにぎわっ …