不妊症のお悩みおまかせください!新海薬局の漢方子宝相談

★山梨県甲府市の漢方薬局★漢方ご相談実績の多い新海薬局★

*

接触性皮膚炎・脂漏性皮膚炎

お肌のトラブル

・・・  接触性皮膚炎  脂漏性皮膚炎

接触性皮膚炎

「接触性皮膚炎」とは、一般的に『かぶれ』と呼ばれているよくある皮膚疾患です。みなさまもかぶれた経験が一度や二度はあるのではないでしょうか。

強い痒みを伴った赤い発疹がでたり、大小の水疱ができる場合もあります。また、基本的には「原因となる物質」に触れた箇所に症状がでますが、接触の仕方など場合によっては全身に症状がでる時もあります。

接触性皮膚炎には【刺激性接触皮膚炎】【アレルギー性接触皮膚炎】の2つのタイプがあります。

刺激性接触皮膚炎

もともと皮膚に障害を起こす性質をもっているある物質(※)によって起こります。接触してから数分~数時間後と、割と早く症状が現れます。条件(モノの濃度や接触時間など)が揃えば、誰にでも起こる可能性があります。

(※)ある物質の代表格としては、石鹸や洗剤、灯油、ガソリン、化粧品、植物、果物・野菜・魚、ほこり、衣類の繊維などが挙げられます。

アレルギー性接触皮膚炎

ある特定の物質に対する特異的な免疫反応により起こります。

同じ物質に接触しても発症する人としない人とがいます。
発症する人はある特定の物質に体がアレルギー反応を起こす体質になり、その後再度その物質(アレルゲン)に接触して発症します。

アレルゲンとしては、クロム、ニッケル(ピアスやベルトのバックルなどに使われている)、銀杏、マンゴー、菊科やウルシ科の植物、化学物質(化粧品や香水などに含まれる)、ゴム製品、点眼薬、湿布、軟膏など、様々なものが挙げられます。

また、光アレルギー性接触皮膚炎といって、顔面・手・背中・頚部などに紫外線が当たることで症状がでる人もいます。消炎鎮痛剤(湿布など)を貼った部位や香料を塗った部位に紫外線が当たって炎症を起こす場合も、光アレルギー性接触皮膚炎といいます。

病院ではまず、発疹状況や症状、家族歴、既往症などを聞かれ、パッチテストやオープンテスト、プリックテストなどの検査を行う場合もあります。

そして、原因物質を特定し、それに触れないよう伝え、ステロイド外用薬(炎症・症状を抑える)、抗アレルギー剤・抗ヒスタミン剤(痒みを抑える)などを処方、症状が重い場合はステロイド内服薬を短期間使用する、といったことが基本的な流れです。

皮膚の構造

中医学ではひとりひとりの症状や体質により3つのタイプに分けて考えます。
皮膚疾患は判断が非常に難しいので、必ず専門スタッフにご相談のうえ、お薬を選ぶようにしてください。

毒熱壅盛タイプ 毒熱挟湿タイプ 脾虚湿毒タイプ
急に発症。ピンク色または濃い紅斑。境界が鮮明。やや浮腫あり。表面に丘疹が密集してみられる。局部に灼熱感あり。痒みを伴う。口渇。微熱。舌は赤い。 浮腫を伴う紅斑。
境界が鮮明。表面に丘疹が密集してみられる。水疱あり。びらん、滲出。ときに悪寒、頭痛、発熱。局部の灼熱感あり。舌は赤い。
慢性接触皮膚炎。ピンク色の滲出を伴う紅斑。丘疹。浮腫。びらん。舌癬化。顔色黄色。食欲不振。便は泥状。舌の色は薄く、白または黄色の苔あり。
【治す方法】 【治す方法】 【治す方法】
清熱涼血解毒。 清熱涼血。
きょ湿解毒。
健脾利湿。解毒。

▲ TOP

脂漏性皮膚炎

フケが出る。頭が痒い・・・。
そんな症状、実は脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)かも知れません。
フケには「パラパラ型」「ベタベタ型」の2種類があります。

【パラパラ型】
白く細かいフケがパラパラ落ちる乾性のフケ。
主にシャンプーのしすぎで皮脂が不足し、頭皮が乾燥してしまうために起こります。

【ベタベタ型】
頭皮の皮脂の分泌が多い人に見られ、頭皮に張り付いていたり、塊になって落ちてきたりします。

特に注意したいのは【ベタベタ型】のフケです。【ベタベタ型】のフケは脂漏性皮膚炎の先行型または軽症型であることが多いのです。実際にフケの悩みで皮膚科を訪れる人の約60%ほどは脂漏性皮膚炎と判断されています。

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)とは?

脂(あぶら)の分泌が盛んな部位(顔・頭・股・わき)などに湿疹を生じる皮膚疾患です。

【症状】
     脂っぽいフケが多い(頭部の場合)。
     皮膚が赤い。
     皮膚がポロポロむける。
     痒みはある場合とない場合がある。

【原因】
単に皮脂の分泌過剰というよりは、皮脂分泌機能の異常または皮脂自体の性質的な変化などが原因であると考えられています。
また、亜鉛貧血症・精神的要因・真菌(マラセチア菌というカビの一種が関係しているという説が有力)による感染症、などが原因として挙げられます。

中医学では、脂漏性皮膚炎白屑風(はくせつふう)面游風(めんゆうふう)と呼んでいます。

中医学では、遺伝的要素・ホルモンバランスの乱れ・精神バランスの崩れ(躁鬱)・動脈硬化・生活習慣(過食・過飲)・ストレス・風邪などのウイルスによって、体の抵抗力が落ちた結果発症すると考えます。

脂漏性皮膚炎の起こりやすい年齢
生後まもなく~6ヶ月くらいの新生児や乳児期
  この場合は栄養過剰が原因の場合が多いので、母乳の場合はお母さんの栄養が偏っていたりカロリーを摂り過ぎていないか見直してみてください。ミルクや離乳食の場合は、過剰にあげすぎていないかチェックをし、いずれの場合も常に清潔を心がけてください。それでも改善しない場合は、涼血解毒健脾利湿といった方法をとります。

頭部に黄白色の厚いかさぶた、毛穴のあたりに紅い丘疹、前額・眉毛部に油性黄白色のかさぶたがある場合には当店の専門スタッフへお気軽にご相談ください。

思春期・青年期・中年以降(特に肥満傾向のある方)
  この場合はいくつかのタイプ別に分けて考えていきます。

血熱風燥タイプ 湿熱旺盛タイプ 虚血風燥タイプ
顔面・頭部に赤みあり。
鱗屑(りんせつ=白くがさがさした表皮の角質)が、眉や鼻・唇の溝に多く、赤い丘疹も出ている。舌の色は紅、舌苔は薄い白。
頭部、特に前頭部や前額、眉毛部に油性黄白色のかさぶた。じくじくしている。
毛穴のあたりに紅い丘疹や油性黄白色のかさぶたあり。わきの下、乳房下、陰部に黄色いかさぶたをつけた紅斑。舌の色は紅、舌苔は黄色。
乾燥したタイプで、頭部のフケが増加、脱毛する場合もある。
めまいがあり、疲れやすい。
【治す方法】 【治す方法】 【治す方法】
清熱涼血。
きょ風止痒。
涼血解毒。
清熱利湿。止痒。
養血滋陰。
潤燥きょ風。止痒。

脂漏性皮膚炎の方の養生法

      三食きちんと、栄養バランスの良い食事をしましょう。
      甘いもの・脂っこいもの・刺激の強いものは避けましょう。
      塩分・お酒の摂り過ぎに注意しましょう。
      野菜・海藻・キノコ・緑茶を多めに、果物を適量摂りましょう。
      カロリーオーバーにならないよう注意しましょう。
      適度な運動を心がけましょう。
      ストレスは上手に発散し、睡眠は十分に(7時間が理想)とりましょう。
      皮膚を清潔に、また保湿を忘れずに、ナチュラルメイクを心がけましょう。
      かゆみで眠れない人はシベリア人参茶がオススメです☆
      苦瓜・きゅうり・小松菜・蓮根・トマト・ほうれん草・レバーなどもオススメです☆

脂漏性皮膚炎のお悩みは当店へご相談ください!


▲ TOP

乾癬・掌蹠膿疱症
皮膚病ワンポイントアドバイス
アトピー性皮膚炎
にきび・じんましん

  PickUp♪

no image
漢方の力で心筋梗塞などを予防!

今年は雨が少なく、首都圏の水がめと呼ばれる、利根川水系8ダムの貯水率が低下し、取 …

no image
かぜ、インフルエンザ、花粉症などに負けない体をつくる!

インフルエンザが猛威をふるって、あちこちの学校で学級閉鎖が出ているそうです。 ま …

no image
不妊とストレス

「子どもはまだ?」 ちょっとした一言なのに、これが結構つらいんですよね。こころに …

no image
乾癬2

漢方の観点から乾癬を見ていきます 乾癬は中国では「銀屑病(ぎんせつびょう)」と呼 …

no image
漢方

皆さんは漢方薬にどのようなイメージを持っていますか?   中学生Aさん …

no image
不妊症相談 ~冷え性

先週、うれしいニュースがありました 漢方薬で不妊を乗り越え出産された方が、赤ちゃ …

no image
梅雨(つゆ):梅雨前線

「漢方ファンのページ」より   漢方とは関係のない記事ですが、日本特有 …

no image
あなたの喘息、大丈夫?

秋の終わりから春先までの時期は、アレルギー性喘息の発作に悩む人が増えてきます。 …

no image
手足口病

「手足口病」が流行っています。 ?西日本を中心に増加傾向にあり、東日本にも拡がっ …

no image
男性不妊

赤ちゃんが出来ないのは、女性に原因がある場合と、男性に原因がある場合と、ほぼ同割 …