不妊症のお悩みおまかせください!新海薬局の漢方子宝相談

★山梨県甲府市の漢方薬局★漢方ご相談実績の多い新海薬局★

*

五臓六腑(ごぞうろっぷ)とは何をさすか?

   

            

「漢方ファンのページ」より

 

  「もう私、腹が立って、腹が立って、はらわたが煮えくり返るよう・・・」
 などと、私たちは、時々、五臓六腑のことをハラワタといって、漠然と内臓の総称として用いていますが、それでは五臓とはそもそも何を指すのでしょうか?

六腑とは何を言うのか?
ということになると、三つ四つはただちに数えられるが、後がつかえてしまうのが普通です。

 そこで書くのですが、五臓六腑は「五臓六府」とも書き、五臓は肝、心、脾(ひ)、肺、腎をいい、六腑は大腸・小腸・胆・胃・三焦・膀胱(ぼうこう)を言うのです。

 もちろん、これは東洋医学の用語で、ここにいう蔵、府とも倉庫の意ですが、詳しく言うと蔵は「入れて出さず」といって実質的臓器を指し、府は中空性のものを言うのです。

が、ただ心臓については、世界大百科のなかで石原明氏は書いておられます。

『心臓は中空性であるが、心室の壁が厚いので、充実性と考えたのは無理はない」。なにしろ、大昔の人の分類である。氏も言うごとく「五臓六腑のおのおのの臓器は、現在の解剖学でいうものと、必ずしも同じではない」ことは、当たり前のというもの』

 また氏によると、

「腎は二個あるため、特に右腎を“命門”と称し、一身の元気の宿るところと考え、六臓と称することもある」そうであり、また、

 「六府のうち三焦というものがあるが、これがなにものであるか、今日でもはっきりしない。これは上・中・下にわかれ“孤の府”といわれるというが、昔から形あるものかないものか議論された。
 実は呼吸や消化吸収、排泄の各作用を、観念的に名づけたものであるという説や、江戸時代に日本にヨーロッパの解剖学が入って来た時、上焦と下焦は乳び管、中焦は膵臓(すいぞう)であるとの説をなすものがあったが無理なこじつけである。蔵は陰で地に属するから神気を蔵するばかりであり、府は陽で天に属するから『入ったものはすべて出される』と考えた・・・」

 ということです。
 

 なお、これがいかにも東洋医学と思われる面白い点は、五臓も六腑も自然哲学的に解釈され、いわゆる陰陽五行説によって、配当されたことです。

 五行説というのは、念のために書けば、五つの惑星がもとになって、この自然界の全てのことは、天に五惑星のあるごとく、木火土金水という五つの性質が支配していると言います、古代人の思索があみだした哲学なのですが、五臓六腑も、もちろん例外なく、これで説明されるのです。

 たとえば、肝の蔵は木に属し、青色と関係があって胆を府とし、心の臓は火に属して赤色と関係があって小腸を府とし、脾の臓は土に属して黄色と関係があって胃を府とし、肺の蔵は金に属して白色と関係があって大腸を府とす・・・といった具合です。

 もちろんこの他にも、色々な自然現象の配当を考えて、五行説によってそれぞれの機能や関連を説いているということは、前記石原明氏も解説していることです。

また五臓六腑を説いた最古の文献は「黄帝内経」ということだが、氏によると「この考え方はヨーロッパでも紀元前からあったに違いない」ということであり、続けて「五臓六腑説には陰陽家、道家の影響が濃厚」と結んでおられます。

 なお、ついでだから書きますが、冒頭で触れたように、我々は時々、ひどく癪(しゃく)に障るようなことがあると「ハラワタが煮え返る」と形容をしますが、これは西洋医学的にいっても、本当だそうです。
 以前九大教授の池見酉次郎氏の「心療内科」という本を読んだことがありますが、その中で、その実験例を書いておられました。

 「ある四一歳の男が会社や近所付き合いで腹にすえかねる事件が年中起こった。このようなことで感情が昂ぶると下痢(神経性下痢)が始まり、それがしばらく続くといったことを繰り返していた・・・」

 ここで、この患者のレントゲン写真をお見せすれば一目瞭然なのですが、とにかく、この患者にバリウムを飲ませて、レントゲンで胃腸の動きを見ながら、

 「彼がかねてからつよく憤りを感じている事件について“ストレス面接”を行うと(中略)胃が強く絞りあげられたような格好になり、小腸は切れ切れとなって胃や小腸の運動や緊張がひどく昂まっている様子がうかがわれる。この状態をレントゲン映像で見ると、文字通り『腸(はらわた)が煮えくりかえる』のを目の当たりに見ることができる」

 ということです。

だから「ハラワタが煮えくり返る」ということは、まことに適切な表現ということになりますね。

 
 やはり「病は気から、気は病から」ということも当たっているのでしょうね。

ご自身で判断して下さい。

前へ 
 次へ

 - 漢方ファンのページ