不妊症のお悩みおまかせください!新海薬局の漢方子宝相談

★山梨県甲府市の漢方薬局★漢方ご相談実績の多い新海薬局★

*

梅雨(つゆ):梅雨前線

      2015/06/05

            

「漢方ファンのページ」より
 

漢方とは関係のない記事ですが、日本特有の梅雨についてのお話です。
 

6月も近くなると、やはり雨の日が多くなりますね。
 6月から7月にかけて、日本の雨期ともいえる梅雨(つゆ)がやってきます。
 梅雨とは梅の実が熟す頃の長雨という意味です。

 この時季には梅雨前線が日本付近にとどまり、しとしとと長雨をもたらします。

 梅雨は名称こそ変わるものの、西はバングラデシュ付近から東南アジアを経て中国中南部や朝鮮半島、そして日本列島に及ぶ、広大な範囲で起こる距離も期間も長い雨です。

 この梅雨前線が遠くインドの隣バングラデシュ付近まで続いているなんて、なんて長いのでしょうね。

 

 梅雨前線は温帯低気圧に伴う温暖前線寒冷前線とは異なり、2つの高気圧から噴出された空気がぶつかって行き場を失った空気が上昇気流を作るために生じます。
 これを
停滞前線といいますが、あんまり長く停滞してもらいたくないですね。

 でも、そのあと暑い夏が来ることを想うともう少し長くいてもらっても良いと思うのですが、私はわがままです。
 

 梅雨前線をもたらす高気圧は、太平洋高気圧オホーツク海高気圧です。

 北太平洋高気圧は亜熱帯高圧帯の一部で、夏になると熱帯集束帯とともに北上し、勢力を拡大します。

 もうひとつのオホーツク海高気圧は、ちょっとグローバルな一過性の不思議な高気圧です。2本のジェット気流の合流点にできる高気圧です。

 冬には日本の南を流れていたジェット気流は、春から夏にかけて北上します。
 しかし途中で標高8000mを超えるヒマラヤ山脈やチベット高原にぶつかり、ジェット気流は北と南に進路を分け、オホーツク海付近で再び合流します。
  2本の気流の合流地点は、当然空気が溜まって密度が高くなり、高気圧ができます。

これがオホーツク海高気圧です。

 
梅雨前線は、北太平洋高気圧とオホーツク海高気圧の吹き出しがぶつかることで発生します。

 最初は北太平洋高気圧の勢力が弱く、そのため前線はずっと南方の沖縄付近にできますが、次第に北太平洋高気圧の勢力が強まり梅雨前線は北上します。

 日本では5月下旬頃から6月上旬にかけて南西諸島から順に入梅して、梅雨前線が去るまでの約1ヶ月半の間じめじめした天気をもたらします。

 ジェット気流がさらに北上し、やがてすべてがチベット高原の北側を通るようになると、ジェット気流の分流がなくなりますので、必然的にオホーツク海付近での合流がなくなり、オホーツク海高気圧は雲散霧消し、梅雨前線は消滅します。
 

 梅雨前線はだいたい北海道にかかる手前で消滅するため、北海道にははっきりとした梅雨がありません。
 オホーツク海高気圧と太平洋高気圧の勢力バランスは年によって異なり、オホーツク海高気圧の勢力が弱すぎると雨の少ない空梅雨に、反対に強すぎると前線が北上せずに停滞して冷夏になります。

 1993年の夏は米が大凶作になり輸入までしたことはまだ記憶に新しいことです。この年の梅雨前線は8月になっても本州付近に停滞し、九州以北の梅雨明けは特定されませんでした。
 

 これから温暖化になりジェット気流がだんだん北の方を流れるようになると、梅雨はどうなってくるのでしょうか?

 それにしても、梅雨が、遠くヒマラヤ山脈が端を発しているとは驚きますね。

  もし、ヒマラヤ山脈がなければ、日本に梅雨はなかったのです。

地形の気象に影響する度合いはすごいものですね。

 
 冷夏でお米が採れなくても困りますが、暑い夏が続くのも、湿気の多い冷夏が続くのも体調を狂わす原因になるので私にとってはちょっと鬱な気分。

子どものときは夏が大好きだったのですが。
 年を重ねるにしたがって、私はだんだん肉体的な行動よりも精神的な行動が多くなりました。
 
 地形が気象に影響を与え、それが人間の文化や体質、気質や精神面に影響を与えるなんて、何気なく過ごしていると気がつかないことでした。

 最近は違う?けど日本のわび・さび文化、しっとりした日本独自の憂いを帯びたような文化が私は好きです。
 梅雨の時期は京都のお寺を回って歩くのも風情があってよいですね。

四季がはっきりしないサンフランシスコに滞在していたとき、ものすごく私の頭の中にある日本と京都の原風景に憧れ、望郷の念に駆られたことを思い出します。

前へ 
 次へ

 - 漢方ファンのページ