不妊症のお悩みおまかせください!新海薬局の漢方子宝相談

★山梨県甲府市の漢方薬局★漢方ご相談実績の多い新海薬局★

*

肩こり・頭痛…不快症状を改善する食材、漢方、健康茶

   

            

「漢方ファンのページ」より
 

 今回は肩こりと頭痛についてです。

 特に事務処理、手先を使うお仕事をする方は、若い方でもほとんどの方が経験していることではないでしょうか?
 特に歳をとってくるとひどくなってきます。

 私も、学生時代は肩こりなど経験したことなどなかったのですが、社会人になり、一日10時間くらいPCを使い続けていたので、肩こりはひどかったです。特にひどいときには頭痛までしてきて・・・。

初めて肩こりを経験した時、その程度もひどかったのですが、それがなんだかわからず、パニックになった記憶があります。(笑)

ひどい肩こりの知人がいて、辛いと聞いていたのですが、ピンと来なかったのですが、いざ自分自身がなってみるとその辛さがわかりました。

 

血行不良からくる肩こりの場合、手っ取り早く改善するには、私の経験ですが、お風呂に入って温まり、血行を良くする。
腕を思い切りぐるぐる回したり、クエン酸を含むレモンや梅干し、その他普段の食事で、血行を良くする食材(大葉、ニンニクなど)をよく摂ったりすると効果が表れました。

ツワブキの葉っぱを炙って凝っている箇所に貼り付けると嘘のように改善したこともあります。
 

 

 今回のお話とクエン酸はあまり関係がないですが、クエン酸はお酢、梅干や、レモンの中に含まれているものですから関係がないともいえません。
クエン酸も血行をよくします。
 ただし漢方のようにいろいろな成分が入っているわけではないので他の効果は期待しないでくださいね。
 責任も負いかねます。

 手っ取り早く肩こりを直したい方は一度お試しください。
 薬局で500g入り、900円くらいで購入できます。

梅干し、特に焼き梅などは速攻で効きました。特に二日酔いですけど。(笑)

ただ、塩分が多いのでご注意を!

 私は、空いた2L入りのペットボトルに大さじ1杯ぐらいを入れて、水を入れ溶かして飲んでいます。
 二日酔いの特効薬でもありますよ。

酸っぱさが嫌だという方は、重曹で中和する人もいますが、重曹には、ナトリウムが入っているので、高血圧気味の人は避けた方が良いと思います。

 

 冠元顆粒を飲み始めてクエン酸を飲む必要はなくなりました。

時々目覚めたとき、体に力が入らない、握力が全くでないような場合、スプーン1杯飲んで、小一時間もすれば正常に戻りました。

 

毎日飲む必要はありませんが、常備薬として持っていてもよいと思います。

また、毎日漢方というのも費用が掛かってしょうがないので、できるだけ食事の内容、適度な運動、規則正しい生活習慣を心がけることです。

会社勤めではむつかしいかもしれませんが、30分ごとに簡単な体操をして防ぐこともできます。

それさえ気を付ければ改善されるはずです。

 

 さて、本題に入りましょう。
 

devil肩こり・頭痛:「血」と「気」のめぐりを良くして肩と頭の凝りをとる
 

 漢方では、肩こりと片頭痛は、「血」の滞りや「気」の滞りで起こると言われます。

長時間、同じ姿勢で座っていたり、同じ姿勢を長時間続けていたりして血流が悪くなると、肩から首の凝りが出て、ガンガン痛む頭痛が起こります。
 また、夏場、暑いからと言って、氷枕など使っていると、寝ているうちに、首から肩のあたりも冷やしてしまい起きたときひどい肩こりになったりします。

 また、ストレスや緊張で「気」の巡りが悪くなると、肩がパンパンに張り、チクチク痛む頭痛が起こります。
そのような肩凝り、頭痛の改善には、「肝」の機能をよくし、「血」と「気」を補うことです。

 血行不良の場合は、どじょう、青魚、かに、玉ねぎ、生姜、サフランなど、血流を改善する食材が有効です。普段から食事の中に取り入れてはいかがでしょう?

ドジョウやカニなどは毎日摂ることはできませんが、その他のものはおかずとして普段も摂れますね。

 ストレス性の肩こりには、三つ葉、春菊などの香り野菜や、レモンやみかんなどのかんきつ類をとりましょう。

 また、頭痛には栄養不足で「血」が足りなくなり、シクシクした痛みが出ることもあります。この場合は、レバーや小松菜など、血を増やす食材を摂ることです。

 

お薦めの漢方

 紅沙棘(ホンサージ):グミ科の「沙棘」の果実から摂れるオイルです。ビタミンEやβ­カロチンを豊富に含みます。体を潤し、肌を滑らかにするところから、「美肌油」の異名をもちます。

 星火逍遥丸(せいかしょうようがん):②星火逍ストレスで「気」が滞った状態の「気滞」による肩こりや頭痛を改善します。イライラ、胸や腹部の張り、食欲不振などの症状もとります。のぼせなどの熱症がない人にお薦めです。

 冠元顆粒(かんげんかりゅう):何度も出てくる瘀血改善の漢方薬の代表です。丹参、芍薬、紅花などの生薬で作られます。血液をサラサラにし、全身の血行を改善するので、頭痛や肩こりの改善に効果的です。私も常備薬として家に置いてあり時々飲んでいます。

 

 お茶

 中国紅茶に玫瑰花(まいかいか)を摂りましょう。血流をよくして肩こりが解消します。

 茶葉を完全に発酵させた中国紅茶は、体を温め、心をリラックスさせてくれます。そこに玫瑰花(ハマナスのつぼみ)1,2個と紅花一つまみを加えて、玫瑰花も体を温めて血と気の流れをよくします。
 紅花もビタミンEやリノール酸などが豊富で、血の巡りをよくしてくれます。
 また、甘い花の香りはストレスの解消にも役立ちます。普通の紅茶やほ
うじ茶を使ってもかまいません。

前へ 
 次へ

 - 漢方ファンのページ