不妊症のお悩みおまかせください!新海薬局の漢方子宝相談

★山梨県甲府市の漢方薬局★漢方ご相談実績の多い新海薬局★

*

風呂に入ればやせられる?ダイエット特集の真偽

   

            

「漢方ファンのページ」より

入浴後に体重を量るとやせていませんか、ということで、入浴とダイエットについて考えてみましょう。

42度と25度で比較…水温と消費カロリーの関係は

以下yomiuri onlineより抜粋します。
『 女性向けの雑誌がダイエット特集として入浴法を解説していることがあります。それには「42度の高温浴が有効で、新陳代謝を高めて汗をかけばやせてきます」などと記載されています。これは本当なのでしょうか?

 下図を見てください。42度のお湯に20分間浸つかると約220キロカロリーの熱量が体に入って来ます。ですから、以前に質問にお答えしたように体温は上昇し、その結果代謝が亢進こうしんしてきます。では25度ではどうでしょうか? この低い水温の場合、約110キロカロリーの熱量が身体から奪われます。したがって、体温を低下させないように代謝を亢進させて発熱させます。では、42度で220キロカロリーが体に入ってくるのと、25度で110キロカロリーが体から熱を奪われるのとでは、どちらがより多くのエネルギーを消費していると思いますか。
 

熱エネルギー

 その答えは、体温・血圧の変化と一緒に酸素摂取量を測る実験で計算できます。
エネルギー消費量は、酸素をどのくらい吸ったかによって計算できますが、10分間の入浴とその後20分間の安静の場合、基礎代謝にプラスして42度では4.2キロカロリーの増加でした。

 同じ条件で25度では6.9キロカロリーの増加でした。

つまり、入浴でダイエットしようと思えば、高温浴ではなくて、25度の水風呂でブルブル震えている方が効果があるのです。

でも、そんなに低い水温では風邪をひいてしまいそうで入れませんね。

それに、たったの6.9キロカロリー!?

 一般に、1回の入浴による消費カロリーは体重1キログラムあたり、1分間に0.0606キロカロリーと計算されており、例えば体重60キログラムの人が10分間入浴すると36キロカロリー消費することになります。

実際の入浴では浴槽から出たり入ったり、身体を洗ったりで、1回の入浴で消費するカロリーは約70キロカロリーになります。風呂上がりのビール1杯で吹き飛んでしまいそうですね。

ということで、残念ながら「お風呂でダイエットはできない」、「体重が減るのは汗をかいただけ」、という結論になります』

★私は、夏になるとよく甘いシロップなどをかけない、かき氷をよく食べていました。

 主な目的は、体を冷やすためですが、ダイエット目的もありました。

 氷が体温で溶け、平熱に戻るための熱量を補うために、体の代謝が促進され発熱します。
 
 その分、体の脂肪分などが燃焼されてダイエット効果があるはずだからという理屈です。

 ただ、甘いシロップなどかけると、その分エネルギーを持っていますから、量によっては逆効果。

 だから、単に体を冷やしたいだけなら、かき氷の表示カロリーを見ておいて、氷の温度と重量、体温と比熱から計算して、大体差引同じ程度のカロリーになることを確かめて食べていました。

 唯のお遊び半分で計算していたのですけどね。(笑)

 注意すべきは、氷だけなら美味しくないので、食べても太らない程度の甘いシロップをかけて食べればよいわけでなく、お腹壊して、痛い目にあいます。
 おまけに風邪まで引いて熱出したりね。

 ただし、下したり、風邪で熱を出したり、その熱で汗をかいたので、体重は軽くなりましたけど。(笑)

 苦しい思いはしましましたが、ダイエット効果はあったわけです。(大笑)

 ダイエットのため、そんなことするくらいなら、プールで泳いでいた方がよほど効果的です。

 よい子は真似をしないように。
 病気になりますよ。

前へ 
 次へ

 - 漢方ファンのページ