不妊症のお悩みおまかせください!新海薬局の漢方子宝相談

★山梨県甲府市の漢方薬局★漢方ご相談実績の多い新海薬局★

*

子宮の老化は10代から

 

子宮年齢が低下する、つまり子宮の老化はいつからはじまると思いますか?

赤ちゃんのもと、卵母細胞(減数分裂して、いずれ卵子になります)が含まれる卵胞(らんほう)は、実はお母さんのおなかにいる時から存在します。

女性の胎児の卵巣にある卵胞はおよそ700万個、出生後にはその数が200万個にも減少します。そして12歳~14歳くらい、つまり生理が始まる頃には卵胞は30万個にまで減少してしまいます。

50歳くらいになると、およそ1000個となり、卵胞が尽きれば閉経となります。

卵胞の数

不妊のご相談が、高齢になればなるほど難しくなるのは、赤ちゃんのもとのひとつ、卵の数が限られてくるからというのもあります。

加齢とともに、体の機能が低下することは自然の理です。
しかし、昨今問題なのは、その老化の訪れが早すぎることにあります。

生理がこない?

本来、50歳くらいに訪れる予定の閉経が、20歳~30歳代で訪れてしまう早期閉経(早発閉経)は、医学的には『43歳未満で卵巣内に卵胞が残っていないと確認される』あるいは『下垂体からのホルモンFSH値、LH値を測定し、極めて多量に放出されている』と、早期閉経(早発閉経)と診断されます。

現代医学では、女性ホルモン補充療法などで対応します。

閉経すると、妊娠は望めなくなります。そして別の問題がでてきます。
閉経の前後10年間にわたる更年期です。

また、早期閉経(早発閉経)は、骨粗しょう症などの老化症状が早めにくることを意味します。

中医学(中国漢方)の役割をまとめると、

子宮年齢に対応する  早すぎる老化を予防する

自然の理のとおり、正常な時期に正常な変化が訪れるよう、心身のバランスを整えることが、早期閉経(早発閉経)などの予防につながります。

子宮年齢に対応する  老化を緩やかにする

実際に50歳になって、閉経が訪れたあとも、老化のスピードを緩やかにするためには何が必要でしょう。

それは早め早めの対応です。
「頭痛」「生理痛」「貧血」・・・そうした、ちょっとした症状を無視せず、きちんと治しておくことが、老化を穏やかにする秘訣です。

病気とはいえない、ちょっとした症状のうちにケアすることが肝要です。
きっとあなたのお役に立てます。

heart 冷え症

heart 貧血、立ちくらみ

heart 頭痛、生理痛

heart 生理不順

heart 子宮内膜がうすい

heart 生理の状態が悪い

heart 疲れやすい、息切れする、めまい

heart やる気がない、ぼーっとする

heart むくみやすい、むくみがとれにくい

heart しみ、くすみがある

heart 便秘

上記の症状がある方は、新海薬局までお気軽にご来店ください!

子宮年齢、活血薬と補腎薬